昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

 2人が向かった先は斉藤の自宅マンション。先に斉藤が自宅に入ったが、本髙は斉藤のマンション周辺を歩きまわり、時間を潰して約30分後に同じマンションへと入っていった。

 その後、本髙がマンションから姿を現したのは、翌20日朝9時頃。黒いハイビスカス柄のシャツとジャージパンツに着替え、銀縁の眼鏡をかけている。

翌朝9時、斉藤の自宅から出てきた本髙は踊りながら出てきた。ダンスの振り付けを練習していたのだろうか ©文藝春秋 撮影/細尾直人

「ゆったん」「ぽんちゃん」と呼び合う仲良しカップル

 誕生日を一緒に迎えた2人は、約2年にわたって交際を続けている。きっかけは2020年3月に2人が共演した舞台「脳内ポイズンベリー」だったという。2人の共通の知人が交際について明かす。

「舞台で共演した2人はすぐに意気投合していました。舞台が終わってからも2、3カ月ほど食事などのデートを重ねて、2020年6月に交際が始まったと聞いています。2人が出会った時、斉藤さんには彼氏がいたのですが、その彼氏と別れてすぐに本髙さんと交際を始めました。

 交際してからは記念日やお互いの誕生日を祝ったり、よく旅行にも行っています。お互いを”ゆったん””ぽんちゃん”と呼び合う本当にごくごく普通の仲良しカップルですよ」

 そう言って、この知人は複数枚の写真を差し出した。写真には味の素スタジアム内で「FC琉球」のえんじ色のユニフォームを着た2人が写っている。

サッカーWデートでの本髙と斉藤(知人提供)
サッカーWデートでの本髙と斉藤(知人提供)

「今月3日、斉藤さんの古くからの女友達とその彼氏を交えた4人で、味の素スタジアムで行われていた『FC琉球』と『東京ヴェルディ』の試合を観戦していました。本髙くんがサッカー好きなんですよ。その後、4人は居酒屋に移動して飲み直したそうです」(同前)

 2年以上にわたって順調に愛を育んでいるように見える2人。しかし、実はお互いに打ち明けられない秘密を抱えていた。斉藤のマンションでのお泊りから4日後、本髙が入っていったのは斉藤ではない別の女性が待つマンション。そして斉藤も、新宿の雑踏でサラリーマン風の男性に腰を抱かれ、密着するように歩いていたのだ――。(#2へ続く)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(41枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z