昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「性行為のたび3万円でアフターピルを…」巨人・坂本勇人選手(33)に元交際女性の親友が告発《LINEに「なかだし? ダメ?」「髪もひっぱりたい」》

「坂本選手との“一件”でA子は塞ぎこんでしまった。見る見る憔悴していくA子は、ついには自殺未遂を起こしたんです。最悪の事態も頭によぎりました。A子の人生を守るために、お話しさせてください」

 坂本選手とは読売ジャイアンツ主将・坂本勇人選手(33)のことだ。こう神妙な面持ちで告発を決意し話すのは、坂本と数年に渡り関係があったという一般人女性A子さん(20代)の親友。親友の口から語られた坂本とA子さんの“一件”は驚きの内容だった――。

◆◆◆

坂本選手の止まらぬ“自由奔放な私生活”

 坂本勇人は言わずとも知れた日本球界を代表するスター選手。2007年に読売ジャイアンツに入団し、2019年にMVP受賞、通算ベストナイン7回、ゴールデン・グラブ賞5回など、数々の輝かしい功績を残している。2021年に開催された東京五輪ではチームの中心選手として金メダル獲得に貢献した。

©文藝春秋

 しかし、今季の坂本は怪我に泣かされている。7月7日に腰を痛め今季3度目の登録抹消となった。8月16日に1軍復帰を果たしたが、結果は芳しくない。

 一方、プライベートでは自由奔放だ。

「FRIDAY」(2015年3月6日号)では、宮崎キャンプの最中に、地元のキャバクラに勤める女性を宿舎に呼び寄せて性行為に及んでいたことが発覚。「FLASH」(2017年7月18日号)では、遠征で宇都宮を訪れた際に巨人軍のチームメイトらとキャバクラを訪れ、女性従業員に「ゴキブリ」「ブス」と暴言を吐いていたと報じられもした。

 他誌でも合コンやキャバクラ通いが再三にわたり報じられてきた。それでも、坂本の私生活に変化はないようだ。

©getty

またしても女性トラブル 親友が語る“事情”

 今年5月には、「文春オンライン」は美女と白昼堂々の手繋ぎ散歩デートを掲載。翌月には「週刊新潮」(2022年6月23日号)が坂本の新たな女性トラブルを報じた。2018年2月、宮崎市内のキャバクラで坂本が指名した女性をホテルに誘ったが、断られたことに腹を立てその女性に噛みつき、結局、球団の代理人弁護士を通じて示談金550万円を払ったという内容だった。

「巨人軍は常に紳士たれ」

 読売巨人軍のチーム憲章にはそう記されている。チームの主将を務める坂本選手は、その看板を背負う存在。多くの少年少女が坂本選手に憧れを抱いていることだろう。

 しかし、またしても女性トラブルが浮かび上がった。女性が「自殺未遂を起こした」となるとただ事ではない。一体ふたりの間に何があったのか――。

 まずは坂本とA子さんの出会いまで遡ろう。

関連記事

z