昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

坂本 《家でた?》

A子 《出た!》

坂本 《来たらすぐいれよ いい?いきなり苦しいやつ》

坂本 《すけべ。髪もひっぱりたい。だめ?》

A子 《だめ?って聞いてくるところが悪い どうせするくせに笑》

坂本 《全然10分でついてないやん うそつき 今日けつなあな確定な※原文ママ》

A子 《高速ちょい混みだた ついたよ やだ》

坂本 《だめ きまり》

A子 《痛い やだ》

坂本 《はいしか言っちゃダメ》

A子 《痛いもん》

坂本 《罰だから》

坂本選手とA子さんのLINEトーク(A子さんの親友提供)

 坂本の性的要求はさらに過激になっていく。A子さんの親友は「ある日を境に坂本選手のタガが外れてしまったように感じた」という。

《今日なかだし? ダメ?》エスカレートしていく要求

「初めての時から、坂本選手はコンドームをつけていなかったそうです。でも射精のときは外に出していたと。しかしある時、勢いでA子の中に出してしまったことがあったそうなんです。行為が終わった後、A子は彼と解散した足で産婦人科を受診して、アフターピルを処方してもらっています。A子からは『大丈夫かな……』と不安げに相談されました」

 しかしその“事件”以後、坂本の要求はさらにエスカレートしていった。

「その日以降、アフターピルを飲ませれば問題ないと思ったのか、坂本選手は決まって『中出し』を求めてくるようになったそうです」

 A子さんから送られてきたという坂本のLINEにはこんな発言があった。

坂本 《薬めんどくなかったら飲んどいたらー? なんか怖くなってきた》

坂本 《今日はアフター飲まなくて平気かなー》

坂本 《次生理いつ?》

坂本 《今日なかだし? ダメ?》

アフターピル代を値切られることも

「最初のほうこそ、アフターピルを飲ませることについて《そんなに飲んで体に害はないの?》などと労わっていたのが、回数を重ねる毎にいい加減な対応に変わっていったそうです。

 行為が終わってすぐ、まだベッドの上で横たわっている状態で『お前、今日アフターピルな』と一言で済ませるなんてことも……。最初は“アフターピル代”として3万円を渡されていたようですが、『今日は2万円でいい?』と値切られることもあったと言っていました。

 もちろん、A子にも悪いところはあったと思います。私もちゃんと断りなって何度も言いました。でも、A子は断り切れなかったようです」

 しかしこうした行為が、取り返しのつかない結果を招いてしまうことになる――。

#2へ続く

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(12枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z