昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「勇人くんに彼女ができた…」

 そして、A子さんから坂本の話を聞いてから、しばらく経った頃のことだった。

「坂本選手の態度が急に冷たくなっていったみたいで、A子は『本人に理由を聞いてみる』と深刻な顔で言いました。それから少しして、A子から電話がかかってきたんです。『勇人くんに彼女ができたみたいで、関係を見直したいと言われた』って。A子は辛そうな声でした。

 確かにA子は坂本選手に『付き合おう』とは言われていませんでしたが、お互い好意を向け合っているようにみえました。LINEでもすごく仲がよさそうでしたし……。突然のことに、ショックを受けていました」

©getty

 しばらくA子さんは坂本選手と会えずにいたという。

「するとある日、坂本選手の方から『会おう』と連絡がきたようです。A子は未練が残っていましたから、会っちゃいますよね……。でもそれからのA子は、以前よりも辛そうでした」

 坂本から呼び出され、A子さんがマンションを訪れるという関係に戻ったが、A子さんは「出会った頃と比べると態度が冷たくなって雑な扱いをされる」と吐露することが増えた。

「会う頻度が不定期になってみるみる減っていき、連絡を送ってもスタンプだけであしらわれたり、相手の既読無視で終わることも。さらに、彼から『かわいい』と言われることもなくなった、と落ち込んでいました」

「ある日を境にタガが外れてしまったように感じた」

 態度の変化とともに、坂本からA子さんへの性的な要求もエスカレートしていったという。 

「A子は好きだから嫌な顔ひとつせず、できる限り応えていた。性的な部分でもそうです。当時、A子から送られてきたLINEのスクショを見て、驚きました」

坂本選手とA子さんのLINEトーク(A子さんの親友提供)

坂本 《おくちにいれたい おえおうさせたい》

A子 《あれ苦しい(しょんぼり)》

z