昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「胸強調広告」「性を売り物にしている」と批判され…ネットでよく見る“フリー素材モデル”が明かした誹謗中傷のトラウマ

フリー素材モデル・茜さやさんインタビュー #1

2022/11/23

 ネット上でよく見かける、白と黒のボーダーシャツを着て、バッグを斜め掛けにした女性の画像。モデルを務めているのは、「フリー素材の女王」として有名なフリー素材モデル・茜さやさんだ。

ネットでよく見かける茜さやさんのフリー素材画像

 茜さんはかつて、自身のフリー素材画像をめぐる炎上騒動に巻き込まれ、容姿や体型批判に晒された経験を持つ。しかし今はそれを乗り越え、グラビアアイドルや実業家、ライターとしても活躍をしている。

 そんな彼女に、フリー素材モデルになったきっかけや仕事内容、フリー素材画像がきっかけで起こった炎上騒動の裏側などを詳しく聞いた。(全2回の1回目/2回目に続く)

フリー素材モデル・茜さやさん ©山元茂樹/文藝春秋

◆◆◆

最初はフリー素材モデルの仕事に不安を抱いていた

――まずは、フリー素材モデルになったきっかけを教えてください。

茜さやさん(以下、茜) 2016年頃、グラビアアイドルやダーツのイメージガールとして活動しているときに、知り合いの方からお声がけいただいたのがきっかけです。

 ただ最初は、お引き受けするかすごく悩みました。仕事内容がよくわからないから、「画像を悪用されないのかな?」って心配で。それにフリー素材として私の画像が使えるようになったら、他のグラビアやモデルのお仕事が来なくなる可能性もあるかなと。

――それでも依頼を受けた理由は?

 当時、私がメディアで露出していたのは、グラビアとダーツのお仕事のときだけ。その2つの業界でしか、私は知られていなかった。だからフリー素材モデルの仕事をして、もっとたくさんの方々に認知してもらいたいと思ったんです。

――フリー素材の画像はいろいろな場所で使われるから、目にする人も多いですよね。

 無料だからというのもあって、あらゆるところで使われる。それこそ、企業の広告としても使用されますし。

 それに画像がネット上に広まるのも早いから、「顔だけでも知ってもらえるチャンスかも?」と思いましたね。それで「ぱくたそ」というフリー素材提供サービスのモデルになりました。