昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

妻は早期退職…大泉洋が一人娘に大河「鎌倉殿の13人」を見せたくない理由

鎌倉殿の13の㊙︎

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で忠臣や身内にも迷いなく手にかけていく冷酷無比な源頼朝。だが、演じる大泉洋(49)には一つ悩みが……。

◆ ◆ ◆

地元のローカル番組「水曜どうでしょう」で大ブレイク

 殺陣・武術指導の辻井啓伺氏が明かす。

「大泉さんは弓矢の経験が無かったのですが、『実際に演(や)りたい』と仰って。納得するまで計10時間ほど連射の練習を重ね、めきめき上達。頼朝が弓矢を連射する場面(5話)もCGではなく、『本当の矢を使いましょう』となったんです」

昨年は紅白の司会も務めた大泉(「鎌倉殿の13人」インスタより)

 大河で主役級を演じるまでになった大泉だが、その原点は地元のローカル番組にある。96年から6年間レギュラー放送された人気バラエティ「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)だ。

 チーフディレクターの藤村忠寿氏が言う。

「『どうでしょう』は台本も何も無いし、どの土地に行くのかも分からない“旅番組”。大泉さんの笑いを作るアドリブ力と、とっさの場面の爆発力がハマりました。特に追いつめられた時は、我々に“不信感”を見せる(笑)。凄く微妙な顔つきなんだけど、観ている方はどうしてもクスッとする。鎌倉殿でも北条政子に突っ込まれ、ジタバタする演技は彼の素に近い。だから見ていても白々しくないし、笑えるんです」

z