昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女の子がハゲとるってどういうこと⁉」1週間モヤモヤして…“ハゲップル”が語る、彼女(27)が彼氏(23)に脱毛症を“告白”するまで

ハゲップルさんインタビュー #1

2022/08/10

 スキンヘッドやウィッグをネタにした動画で注目されているハゲカノ(27)と、そのパートナーであるハゲカレ(23)。 

 そんなふたりに、出会いの経緯、脱毛症であることのカミングアウトとハゲカレのリアクション、脱毛症になった当時の様子などについて、話を聞いた。 (全2回の1回目/2回目を読む)

左からハゲカレ、ハゲカノさん

◆ ◆ ◆

「染めた?」2回目のデートで髪の話題が…

ーーハゲカレさんのバイト先にハゲカノさんがやってきたのが、おふたりの出会いになったとのこと。このバイト先というのは? 

ハゲカレ 僕、以前芸人をやっていて、当時三軒茶屋にある芸人バーで働いていたんです。 

ハゲカノ キャッチしている芸人さんから「来ませんか?」と声を掛けられて、一緒にいた友達と「じゃあ、行ってみるか」とそのお店に。 

ハゲカレ 僕は芸人をやめようと考えてた時期で、お客さんに「ネタ見せてよ」と言われると気後れしてたんですね。でも、ハゲカノはそういうのがなくて、すごく落ち着いていて。可愛いし、おとなしい雰囲気がタイプだったので「行け!」っていう感じでした。 

ハゲカノ 芸人バーっていうから、「ポップでにぎやかな感じかな」と思いながら行ったら「全然、しゃべってない人がいる……」って。それがハゲカレで。でも、なんか可愛い感じだなっていうのはありましたし、お互いに福岡出身ってのもあって。 

ハゲカレ そうしたら、ハゲカノの友達が「この人、いいじゃ~ん」ってノリでナイスアシストしてくれたので、LINEを聞いて「この日、デートしよう」って。何日も掛けて、グチュグチュとLINEするんじゃなくて、バーッて決めましたね。 

 

ハゲカノ 結構、スパン早い。 

ハゲカレ で、原宿かなんかでデートしました。 

ーーウィッグを被っていることをハゲカノさんが明かしたのは、1回目のデートで? 

ハゲカノ 1回目で言ったっけ? 

ハゲカレ 2回目。 

ハゲカノ 2回目で言いました。髪のことに触れてもらえるように、1回目に被っていたのとは違う、長めのウィッグを被っていって。そうしたら「あれ、髪伸びた?」みたいな。 

 

ハゲカレ 「髪、染めた?」みたいな。 

ハゲカノ 「染めた?」だったか。 

ハゲカレ ちょっと長くなって、茶色くなってるなとは思ってたけど、ウィッグだとは気づいてなくて。「染めた?」と聞いたら「ウィッグなんよ」と言われて「へぇ」って。 

ハゲカノ 「なんで、ウィッグかぶっとると?」とも聞かれたんですけど、「脱毛症で」とは言いませんでした。

ハゲカレ そもそも、当時の僕自身が脱毛症というものを知らなくて。だから、オシャレというか、好きでかぶってるんだな、ぐらいに思ってました。 

z