昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

絶海の孤島・青ヶ島在住の38歳女性が明かす、“日本一人口が少ない村”の結婚事情「人口が166人だけだから…」――2022年上半期BEST5

青ヶ島ちゃんねる・佐々木加絵さんインタビュー #3

2022/08/14

2022年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。YouTuber部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年6月26日)。

*  *  *

 東京都心から約360km離れた“絶海の孤島”、青ヶ島。2022年6月1日時点の人口は166人で、「日本一人口の少ない村」としても有名だ。八丈島を経由してヘリコプターか連絡船を利用しないとたどり着けず、それぞれ1日1便しか出ていない。ヘリコプターの席数は9席のみで予約が困難、連絡船の就航率は5割程度とも言われている。

 そんな青ヶ島ではここ数年でネット環境が整い、シェアハウスができるなど、移住者を受け入れる態勢が少しずつ整備されているという。しかし島民の佐々木加絵さん(38)は、「移住者が快適に過ごすには、まだまだ課題がある」と話す。彼女が考える島の課題や、思い描く“青ヶ島の未来”について話を聞いた。(全3回の3回目/2回目から続く)

青ヶ島生まれ・青ヶ島育ちの佐々木加絵さん

◆◆◆

移住者が増えている青ヶ島の“仕事環境”は?

――最近は島外から青ヶ島に来る人が増えているのでしょうか?

佐々木加絵(以下、佐々木) 旅行と仕事をかねて来る方も、移住してくる方も増えていますね。私のYouTubeチャンネル「青ヶ島ちゃんねる」を観て移住を決めてくださった方も2名いるんですよ! 最近はシェアハウスもできたので、パソコン1台で仕事ができるWeb関係の方に注目され始めているようです。

 これまでは教員や役場の職員とか、転勤で数年滞在する人が多かったですけど、これからはWeb関係の人が増えてくるんじゃないかと思います。ネット環境が整っていて、ワーケーションもできるので。

2020年3月に光回線が開通し、ネット環境が改善された青ヶ島

――Web関係のように、パソコン1台で働けるスキルがないと移住は難しい?

佐々木 そんなことはないですよ。例えば看護師や保育士の求人は常に出ているし、リゾートバイトとして居酒屋で働くのも島外の若い人たちから人気があります。

z