昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/18

「岡本選手は…」母から言われた一言

 しかし、プロの世界は甘くない。打率3割台を維持しながらも先発には定着できずに、5月下旬に初めて2軍調整を命じられた。降格直後は不振が続いて打率が上がらず、長く苦しい2軍暮らしから抜け出せなかった。

 母・尚子さんの誕生日である7月31日までに昇格することはできなかった。それでも、家族にとっては落ち込むばかりではなかった。母の誕生日に行われたウエスタン・リーグ阪神戦は、珍しく末包の故郷である香川県で開催される一日だったのだ。母は試合前に「打ってね」と連絡を入れてから現地に駆けつけた。

 相手先発は、好投手の阪神・藤浪だった。迎えた2打席目の4回。末包はフルカウントからのカットボールを完璧に捉えた。打った瞬間に柵越えを確信し、少しの間だけ打席で仁王立ちした。この特大アーチが母親への誕生日プレゼント。試合後には観客席にいる母親から「ありがとうね」と伝えられた。この本塁打が評価され、2日後に1軍に呼ばれることにもなった。

 4月中旬に母から言われた一言を忘れていない。「(巨人の)岡本選手は、もっとじっくり待ってから打っているのに……」。母は高校時代にソフトボールでインターハイに出場した経験があり、ときに鋭い指摘が飛んでくる。このときの苦言は初球を凡退した試合後とあって反論できなかった。

「(母は)めちゃくちゃ野球のことを言ってくるタイプ。自分の中で整理しきれない部分もあるのですが……」

 家族の話になると、少し歯切れが悪くなるのは照れか悔しさか。それでも、昨年12月の新入団選手発表記者会見で報道陣用に書かれたアンケートには、短くハッキリと感謝の思いを書き込んでいた。

「Q・尊敬する人はいますか?」

「A・両親」

 普段は照れくさくて伝えられない思いを記念日にバットで伝えているのだ。

 現在は再び2軍に戻っており、少なくなった残り試合での再昇格に向けて奮闘している。マツダには連日3万人近い観客が集まる。きっと、そのうちの誰かは大切な記念日を球場で過ごそうとしていることだろう。次は、コイ党を喜ばせる番だ。「野球を見に来てよかったね」。ファンにそう思わせることもプロ野球選手にしかできない特権である。

河合洋介(スポーツニッポン)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/56503 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

広島東洋カープの記事一覧