昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈写真多数〉もう二度と撮影できない「奇跡のショット」も…日本屈指の花火写真家が選んだ「最高の花火」3選

花火写真家・金武武インタビュー #2

2022/08/21

 毎年、多くの日本人を魅了する「花火」。人々の心を打ち、時には感動させて人生にまで影響を与えることも。17歳のときに初めて見た花火をきっかけに、花火写真家として生きることになった金武武(かねたけ・たけし)さんインタビュー。

 これまで何千、何万発もの花火を見てきた金武さんが選んだ「人生で最も印象深かった花火」とは?(全2回の2回目/前編を読む)

金武さんに「思い出の花火」を語ってもらった ©金武武(写真左)

◆◆◆

下見、試し撮り、本番…撮影は「3年目」が本番

――瞬間の芸術ともいえる花火を撮影するのは、難しくないですか?

金武武さん(以下、金武) 僕はね、花火の写真を撮る時、「1回で成功するもの」とは思っていません。1年目は下見、2年目は試し撮り、3年目でようやく本番なんです。

――3年越しですか!

金武 本気で花火の美しさを写すには、下準備が大事なんです。一時期はあえてカメラのファインダーを覗かず、ただただ自分の目で花火を追いかけていたこともありました。

 そうやって俯瞰して見ていくうちに段々と、打ち上がる場所や、花火大会の構成などがわかってきた。そこで、下調べの重要さを学んだわけです。

――打ち上がる花火も、その背景を知っているとより楽しめそうです。

金武 その通り。たとえば打ち上げ花火にも様々な種類があって、それぞれに名前があります。たとえば「冠菊(かむろぎく)」は、キラキラと光りながら垂れてゆく花火です。

冠菊(かむろぎく) ©金武武

 ヒューッと音を出しながら空に上がり、大きく弾けたあとに、小さな菊の花のような花火がたくさん開くのが「千輪菊(せんりんぎく)」。実はこのヒューッという音は、花火師さんがわざわざつけているわけです。

千輪菊(せんりんぎく) ©金武武

 それとコロナ前には、「時間差花火」がすごく流行りましたね。花火の燃焼時間や温度を変えることで、まるで意志を持っているかのように色が複雑に変化する花火です。花火が光のリングのように回転している様子は、ぜひ生で見てほしいですね。

時間差花火 ©金武武

――花火の世界にも、技術進歩があるわけですか?

金武 花火は永久不変でなく、常に進化しています。たとえば、昔は表現できなかった「パステルカラー」の花火も人気です。スカイブルーやレモンイエローなど、そういった中間色が表現できるようになりました。

 その中でも特に美しいのは、山梨県にある齊木煙火本店のもの。県内最大規模の花火大会「神明の花火」(2022年は8月7日に開催された)では、2尺玉や色鮮やかな花火を大量に消費する「ワイドスターマイン」は圧巻です。こちらもぜひその目で確かめてみてほしい。

z