昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私たちは“女のあれ”があるから…軍隊はそんなこと考えてくれないし」女性兵士が語った、戦場における“生理事情”

『戦争は女の顔をしていない』#2

genre : ライフ, 社会, 読書

 
 

 第二次大戦下で3000万人以上の犠牲者を出した「人類史上最悪の戦争」に、ソ連から100万人を超える女性が従軍していた――『戦争は女の顔をしていない』は、独ソ戦に参加した女性たちの証言をあつめたノンフィクションだ。

 2015年に作者のスヴェトラーナ・アレクシエーヴィチがノーベル文学賞を受賞。日本では2019年から「Comic Walker」でコミカライズ連載が始まり、大きな話題を呼んだ。

 ここでは、漫画版『戦争は女の顔をしていない』(作画:小梅けいと、監修:速水螺旋人/KADOKAWA)1巻より第5話を抜粋して紹介する。「私たちが通った後には赤いしみが砂に残った」と元兵士の女性たちが振り返る“戦場における生理事情”とは?

◆◆◆

戦争は女の顔をしていない 1

小梅 けいと ,スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ ,速水 螺旋人

KADOKAWA

2020年1月27日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(37枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z