昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

作り始めの頃はよく又吉さんに相談してました

――歳時記にはずいぶん親しんでいるようですが、好きな季語ってありますか?

村上 「風花」とか、使ってみたい季語ですね。晴れてる日にどこからか降ってくる雪。でも、季語自体が美しすぎて、僕が何か付け加える余地なんて、ないかも。俳句やっていると、壮大な自然にも、日常の中の自然にも発見が生まれてくるなって、実感してます。

――芸人のみなさんで句会する機会はないんですか?

村上 まだ句会するほどの俳句仲間はいないんですけど、又吉さんが俳句をされるので、作り始めの頃はよく又吉さんに相談してました。「ちゃんと作れてます?」「それを切り取ろうとした感覚はええんちゃう?」みたいな。

 

――村上さんは又吉さんと同じ80年生まれですよね?

村上 そうです。ただ、又吉さんはNSCの5期先輩なんです。いつだったか飲みながら、5文字でうまく秋を表現できるのはどっちだ、って遊びました。俳句の練習みたいですよね。

――又吉さんの俳句にはどんな感想を持ちますか?

村上 カッコいいんですよ。よくそういうとこ見てんなあって唸ります。『火花』に芸人の先輩と後輩が携帯メールでふざけた言葉を送り合う場面があるんですけど、あのメールの文面にある一言とか、詩ですよ。「泣き喚く金木犀」とか。自由律俳句っぽい。

 

僕みたいなおしゃべりには、俳句の縛りが合っている

――村上さんは小説にチャレンジしないんですか?

村上 いやー、僕はおしゃべりなんで、小説を書いたら余計な描写ばっかりしちゃうんじゃないかな。安っぽい常套句ばっかり使って(笑)。だから、定型の縛りがある短歌とか俳句の方がいいんだと思います。

――好きな一句ってありますか?

村上 「雪まみれにもなる笑つてくれるなら」。櫂未知子さんの句です。なんか、笑わせることの幸福ってこういうことだよなあって、すげーいいなーって思うんです。芸人だから特にそう思うのかもしれませんけど、いつかこういう笑いがあることの幸せを句にしてみたいです。

 

写真=鈴木七絵/文藝春秋

むらかみ・けんじ/1980年茨城県生まれ。青山学院大学経済学部卒。2005年、亘健太郎とフルーツポンチ結成。NSC10期生。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z