昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

広島・石原貴規とゆってぃ、“ワカチコTシャツ”がつないだ不思議な縁

文春野球コラム ペナントレース2022

 カープの連敗が続く今年の6月某日。試合前の円陣で一人の若手選手が突然ユニフォームを脱ぎ始めた。何事かとざわめく選手たち。ユニフォームの下からは奇妙な男がプリントされているTシャツが現れ、そこにはこう記されていた。

「Don't sweat the small stuff!! WAKACHIKO」

 そう、これは「ちっちゃいことは気にするなワカチコ! ワカチコ!」でお馴染み、お笑い芸人・ゆってぃ氏のTシャツ。そしてTシャツを披露したのはゆってぃ氏に似ていると自他ともに認める、石原貴規選手だったのだ。ワカチコポーズを決める石原選手を見て途端に笑顔になる選手たち。そしてこのゆってぃTパワーのおかげもあってか、カープはその日見事に連敗を脱出したのだった。

「カープの石原選手はなぜ私のTシャツを着ているの??」

 カープファン期待の若鯉、石原貴規選手。力強いバッティングが魅力の頭脳派キャッチャーとして、入団2年目の去年は60試合に出場している。この石原選手はとにかく明るい。そして誰からも愛されるキャラクターだ。以前中村奨成選手と石原選手と食事をご一緒する機会があったのだが、2学年上の石原選手に中村奨成選手がとにかくちょっかいを出しじゃれ合うシーンを微笑ましく眺めたのを覚えている。

 自らTシャツを仕込み、チームの雰囲気を少しでも変えようという姿勢もみなから愛される要因だろう。羽月選手、矢野選手、中村健人選手などもそうだが、皆を笑顔にするためにスベりも厭わず飛び込むことは誰にでもできることではない。大人がスベるというのはとても危険だ。ヘタをすると命にも関わる。しかしこういった思いがチームの空気を変えるのだ。本当に心の底から素晴らしいチームプレイだと思う。

 さて、話を戻そう。このゆってぃTシャツ事変から3日後。とあるメールが僕のもとに届いた。

「カープの石原選手はなぜ私のTシャツを着ているの??」

 送り主はなんとご本人ゆってぃさん。知人からゆってぃTシャツを着ている写真を見せられたゆってぃさんがすぐさま僕に連絡してきたのだ。僕から石原選手に確認すると「昔からゆってぃさんに似ていると言われることも多く、チームメイトからもいじられたため盛り上がれば!とインターネットで購入したんです」との返事が。それをゆってぃさんに伝えるとなんと「それならばぜひ私から直接新しいTシャツをプレゼントさせてほしい!」と言ってくれたのだ。

 これを伝えると石原選手はとても喜び、私を挟んでNEWゆってぃTシャツが届けられることとなった。

z