昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《またしてもバーベキュー》旧統一教会、加計学園…自民党・萩生田氏の“交際疑惑”をめぐる弁明が独特すぎた

2022/08/23

 自民党政調会長・萩生田光一先生がブレイク中です。

“政治ジャーナリスト”田崎史郎氏によると安倍派の後継争いは「萩生田、頭一つ先行」(四国新聞8月21日)というのですが、違う、そうじゃない。旧統一教会問題で「萩生田、頭一つ先行」になっているのだ。

 先週だけでもすごい。まず週刊新潮が、萩生田氏が生稲晃子氏と6月に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連施設を訪問したことを報じた(8月17日発売号)。萩生田氏はこれまでも教団との接点を報じられてきたが関係の薄さを強調してきた。ところが今回の参院選でも仲間を連れて行っていたことが判明したのである。

©文藝春秋

コントみたいな展開に…

 萩生田事務所は、ANNの取材に「聴衆の人から『近くで仲間が集まっているので話を聞かせてもらえないか』と申し出があり、候補者も不慣れだったため、同行しました」とコメント(8月17日)。

 素晴らしい! これが本当なら「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京系)の登場人物より気さくな萩生田先生である。実際は「旧統一教会、ご挨拶行ってイイですか?」ではないかと思うのだが、萩生田先生は8月18日に記者団に対して「(施設の)名前はちょっとわからない」と発言。ところが現場は玄関横に「世界平和統一家庭連合 八王子家庭教会」と記されていた。

『萩生田氏、訪れた教会の「名前わからない」 でも玄関横には施設名が』(朝日新聞デジタル8月18日)

 ああ、コントみたいな展開の萩生田先生。

 それだけではない、先週土曜日には「報道特集」(TBS系)で、

『“一緒に日本を神様の国にしましょう”自民・萩生田光一政調会長が旧統一教会の関連団体で講演していた記録を独自入手』(8月20日)

 というスクープを報じられてしまう。民主党政権時代の2009年から2012年に落選中だった萩生田氏は教会を頻繁に訪れていたと元信者が証言。そこで何を語ったのか。

z