昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈詐欺で再逮捕〉吉羽美華市議42歳のウラの顔 「RIZIN」の名刺を持ち歩き、“金塊と夫の写真”で投資勧誘…

 コロナ禍で経営が悪化した医療・福祉施設に対し支援資金を融資する制度の仲介業者を装い、貸付金を騙し取ったとして、大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)ら5人が逮捕された事件。22日、福岡県警は吉羽容疑者らを詐欺容疑で再逮捕した。

 逮捕前は「自分も騙された」と語っていたという吉羽容疑者。一体何が起きていたのか。吉羽容疑者の“ウラの顔”を報じた「週刊文春」の記事を再公開する(初出:週刊文春 2022年8月18日・25日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)。

◆◆◆

 コロナ禍で経営が悪化した医療・福祉施設に対し、独立行政法人「福祉医療機構(WAM)」が支援資金を融資する制度。その仲介を装って、貸付金を騙し取ったとして、大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)ら5人が詐欺容疑で逮捕された。

 そんな吉羽が総合格闘技「RIZIN」の名刺を配り歩いたり、夫と金塊の写った写真を見せてゴールド投資に勧誘したり、これまで多くの金銭トラブルを抱えていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

学生時代は政治経済の先生になりたかったという

 今回の詐欺グループでは“紅一点”だった吉羽。「市議の名刺を見せて信用させる役割」(グループをよく知る関係者)だったという。

 大学卒業後、スポーツクラブのインストラクターとして働いていた吉羽はやがて政治の世界を志す。頼ったのは、地元選出の元民主党衆院議員の樽床伸二氏だった。そして2007年、26歳で地元の寝屋川市議に初当選を果たした。

 その後、2012年の衆院選に民主党から、翌年の参院選には新党大地から出馬するも相次ぎ落選。2014年に自民党の谷川とむ衆院議員と結婚し、一男を儲けるも、16年に離婚している。その後は阪南市長選に無所属で出馬して落選。17年には希望の党から衆院選に出馬するも落選している。

 無職が続いた時期、吉羽が周囲の人々を熱心に勧誘していたのが仮想通貨取引だった。

z