昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

表紙を飾ったファッション誌は“完売状態”

 とはいえ、YouTubeやSNSなどの台頭によって、いくら大手事務所が猛プッシュしたとしても、売れないタレントは売れない時代。結果を残しているなにわ男子の勢いそのものは、本物なのだという。

「例えばなにわ男子のメンバーがあるファッション誌の表紙を飾った際は、例年に比べて売り上げが倍増したそうです。このご時世でもほぼ完売状態だったと聞きました。少し前に同じ雑誌でジャニーズの先輩タレントが表紙に起用されたときの売り上げは芳しくなかったそうですから、編集部としても今後しばらくはなにわ男子の勢いに乗り続けたいでしょうね」(前出・アイドル誌編集者)

道枝(ISLAND TVより)

「今年の4月クールに道枝駿佑が単独主演したドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)は最終話の世帯平均視聴率が6.0%と伸び悩み、高視聴率で大ブレイク……とはいきませんでした。ですが、8月下旬には道枝と福本莉子によるW主演映画『今夜、世界からこの恋が消えても』が興行収入10億円を突破。今後はテレビの視聴率でもコンスタントに結果を残せるようになれば、SMAPや嵐のような国民的スターに成長する可能性もあると思います」(前出・ワイドショーデスク)

 今後しばらくは、“なにわフィーバー”が続きそうだ。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー