昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なにわ男子・道枝駿佑とSnowMan・目黒蓮が「消えた初恋」で“恋人”になったワケ《ジャニーズで増える“BL売り”の真相》

2021/10/09

 少女漫画誌『別冊マーガレット』で連載されている男の子同士の初恋物語『消えた初恋』のTVドラマ化が10月9日より放送される。W主演で「恋人」役を演じるのは、昨年CDデビューしたジャニーズのグループSnowManの目黒蓮と、11月12日にCDデビューが決定している関西ジャニーズJr.ユニット「なにわ男子」の道枝駿佑。

「BL」とはボーイズ・ラブの略で、女性が女性のために男性同士の関係や恋愛を描いた小説や漫画のこと。厳密に言えば本作は少女漫画であり、BLではない。しかし、ジャニーズが売り出し中の若手を主演に据えたこともあり、昨今の広い意味でのBLテイスト(以降、BLと表記する)流行りに本格的に乗り出したのではないかと見る人は多い。

「消えた初恋」公式サイトより

視聴者に大きな衝撃を与えた「社会派同性愛ドラマ」

 振り返ると、ジャニーズ事務所はBL作品がここまでに市民権を得るずっと前に、意欲的な作品に挑戦している。男性同士の恋愛を描いた作品として、いまだに語り継がれる『同窓会』(1993年)だ。同作では、新宿二丁目に出入りしているバイセクシャルの高校生を山口達也、その友人の同性愛者たちを国分太一、坂本昌行が演じていた。

 当時はまだインターネットも普及していなかった時代。本作で「新宿二丁目」という世界を初めて知った人も多かった。おそらく男性同士の恋愛・絡みは、魔夜峰央の漫画&アニメ『パタリロ』しか知らなかった人も多かっただろう。“禁断の愛”として重くセンセーショナルに描かれた同作は、視聴者に大きな衝撃を与えた。

 この翌年に放送されたのが、野島伸司脚本ドラマ『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』(TBS系/1994年)。主演したのは奇跡的に同じ姓を持ち、ジャニーズ事務所でも唯一長年2人だけの世界を貫いているKinKi Kidsだった。

KinKi Kids (Johnny’s netより)

主演したKinKi Kids自体をBL的な視点で愛でるファンが急増

 この作品は名門私立高校を舞台に、過度な偏差値教育の歪みを描いた社会ドラマで、ネット上では「激重」「鬱」「トラウマ」とも言われている。

 正義感が強く、素朴で明るく素直な性格ゆえに、いじめられっ子をかばっていじめの標的にされる転校生の誠(堂本剛)。そしてホームルームでいじめについて自分の意見を堂々と言う誠の真っすぐさに関心を示すのが、中性的な美しさを放つ優等生・留加(堂本光一)だ。2人はすぐに親しくなるが、留加は誠に対して憧れと劣等感、そして歪んだ愛情を抱くようになる。そして、誠を愛しながら、陰のいじめの首謀者となっていく。

 凄惨ないじめに不快感を示す視聴者も多かったが、実はプールサイドで倒れる誠に留加が人工呼吸するシーンなどに密かに萌える不届きなファンも少なくなかった。この作品の影響もあり、主演したKinKi Kids自体をBL的な視点で愛でるファンが急増した。