昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

杉田水脈「政務官就任」の衝撃…「女性はいくらでもウソをつけますから」トンデモ発言の数々をおさらいしてみた

2022/08/30

 『「杉田水脈政務官」の衝撃』

 これは毎日新聞のコラムである(8月17日)。執筆者の与良正男氏は、内閣改造で岸田文雄首相が自民党の杉田水脈衆院議員を総務政務官に起用したことを聞き、

《一瞬、耳を疑った。》

 杉田氏は2018年、LGBTなど性的少数者は「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と月刊誌に寄稿して批判を浴びた人物だ。

©AFLO

《杉田氏のような考え方は、これまでも自民党の一部にはあった。しかし、党全体としては一定の節度があり、これほど公然とは語られてこなかったと思う。》

 それが一転して、安倍政権下で大手を振って表舞台に登場してきたことに驚がくしたという。杉田氏が「過去に多様性を否定したことも差別したこともない」と就任後に言い切ったことも「驚いた」とし、

《この政権が節度を取り戻せるとは到底、思えない。》

 とコラムを終わっている。

杉田水脈のトンデモ発言をふりかえる

 杉田氏がどんなことを書いていたのか。あらためて振り返ってみる。それは「新潮45」2018年8月号に掲載された『「LGBT」支援の度が過ぎる』だ。

z