昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「酒乱の父が家で暴れて…私が母と弟を守らなきゃ」山田まりや(42)が15歳の若さでグラビアデビューを決めた“複雑な事情”

山田まりやさんインタビュー #1

 1996年、15歳で芸能界デビューを果たした、タレントの山田まりやさん(42)。デビュー後すぐに第1回ミスヤングマガジングランプリを受賞し、グラビアアイドルとしての人気を確立。さらに、軽快なトークと天真爛漫なキャラクターでバラエティ番組でも活躍する。

 しかし山田さんは、23歳のときにハードスケジュールが原因で病に倒れてしまう。いったい彼女は、なぜそこまでして働き続けたのか。そこには、山田さんの生い立ちや、芸能界デビューを決めた経緯が関係しているという。(全3回の1回目/2回目に続く)

山田まりやさん

◆◆◆

目立つ服を着ていたら、ラフォーレ手前の交差点で声を掛けられ…

――まずは、芸能界デビューのきっかけから教えていただけますか。

山田まりやさん(以下、山田) もともと、芸能界に入るつもりはまったくなかったんですよね。私は幼少期から家がゴタゴタしていて、芸能界の華やかな世界とはかけ離れた生活を送っていたので。

 でも、14歳のときに友だちと「ラフォーレ原宿」に行く機会があって。そのとき、ラフォーレ手前の交差点で声を掛けられて、ファッション雑誌のスナップ写真を撮ってもらったんです。それが、芸能界に入るきっかけになりましたね。写真を撮ってくれたカメラマンさんが私のことを気に入ってくれて、「芸能界に興味ないの?」って言われて。

――原宿の群衆のなかでも、目を引く存在感があったんですね。

山田 当時は雑誌の『Zipper』や『CUTiE』が全盛期の頃で、「雑誌に載っている鈴木蘭々ちゃんや市川実和子ちゃんみたいになりたい」と思っていたんです。だから、結構派手な服を着たりしていたんですよ。

派手なファッションをしていたという10代の頃の山田まりやさん

 スナップ写真を撮ってもらったときも、気合いを入れて目立つ服を着ていたんだと思います。そのとき住んでいた足立区から、「原宿に遠征に行くぞ!」みたいな気持ちで。

――芸能界に誘われたときは、怖くなかったですか。

山田 最初はうれしかったけど、途中で「あっ、でもこれは詐欺かもしれない」と思いました。芸能界を騙った詐欺があることは、足立区でも噂になっていたので(笑)。

関連記事

z