昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「3日間の絶食後、真っ黒いモノが体から出てきて…」山田まりや(42)が明かす、“難病疑惑”から復活の裏に“凄腕鍼灸師”の存在

山田まりやさんインタビュー #3

 1996年、15歳で芸能界デビューを果たした、タレントの山田まりやさん(42)。デビュー後すぐに第1回ミスヤングマガジングランプリを受賞し、グラビアアイドルとしての地位を確立。さらに、軽快なトークと天真爛漫なキャラクターで、バラエティ番組でも活躍した。

 しかし山田さんは、23歳のときにハードスケジュールが原因で病に倒れてしまう。彼女はそこから、どうやって体調を回復させたのか。そして、現在の山田さんはどのような活動に取り組んでいるのか、話を聞いた。(全3回の3回目/2回目から続く)

山田まりやさん

◆◆◆

3日間の絶食で胃と腸が“ナミナミ”と動き……

――23歳のときに、難病に指定されているクローン病の疑いがあると診断されますが、友人から紹介された中国・上海の鍼灸師には、「クローン病ではない」と言われたそうですね。

山田まりやさん(以下、山田) 鍼灸師の先生には「クローン病じゃなくて、食べ過ぎで胃と腸が動いていないだけだよ。まずは絶食して、胃の中を空っぽにするところから始めよう。とりあえず、これから3日間は白湯か常温の水しか口に入れちゃダメ」と言われました。

 私が「3日間も絶食したら死んじゃいますよ」と言ったら、先生は「水分を取れていれば、何日か絶食しても大丈夫。それにあなたは、体にたくさん栄養を蓄えているから」って。

 そうアドバイスされたあと、胃酸の分泌を抑えるために、ガリバー王国の像みたいな状態になりながら鍼を刺されましたね。その日は、それで終わりました。

――3日間の絶食の効果は?

山田 2日目の段階で、胃と腸が“ナミナミ”と自力で動く感覚があったんです。体の中で何かが生きていると感じるくらいの動きだったんですよ。

 それでトイレに行って、「イテテテッ」と言いながら排便したら……真っ黒い、諸悪の根源みたいな宿便(しゅくべん)が出てきたんです。そしたら、そのあと急に“スコン”と体が軽くなって、びっくりしました。

z