昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ニジマス70匹を自宅のお風呂場に干したら…」20代で引退予定だったグラドル(31)が“干物グラビア”で世界から注目されるまで

干物グラドル・吉野七宝実さんインタビュー #1

2022/09/11

 魚の干物を水着代わりにした写真が“大バズり”したのをきっかけに、「干物グラビア」という新たなジャンルを作り出したグラビアアイドル・吉野七宝実さん(31)。人気テレビ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)への出演で、さらに注目を集める存在となった。

 そんな吉野さんに、芸能界に入ったきっかけや、グラビアアイドルになるまでの経緯、干物グラビアの誕生秘話などを詳しく聞いた。(全2回の1回目/2回目に続く

吉野七宝実さん ©鈴木七絵/文藝春秋

◆◆◆

短大時代は学校の周辺に怪しいスカウトマンが……

――「干物グラビア」をきっかけに、現在はフリーランスで多岐に渡る芸能活動をしていますよね。もともと芸能界への憧れはあったのでしょうか?

吉野七宝実さん(以下、吉野) 正直、全然なかったですね。幼い頃に少しだけ子役の活動をしていましたけど、それくらいです。

――子役の経験があるんですね。

吉野 子どもの頃、母がエキストラのバイトをしていて。その関係で、わたしも子役としてちょっとだけテレビに出ていたんです。でもそのときは、芸能界に興味があったというより、学校を休めるのが嬉しくて撮影に行っていた感じですね。

――短大時代はモデル活動をしていたとか。

吉野 当時通っていた短大が表参道にあって、学校の周辺にスカウトマンがたくさんいたんです。怪しい見た目で、誰彼かまわず声をかけているから、「この人達は本当に芸能界のスカウトなのかな?」と思いながらいつも学校に通っていて。

©鈴木七絵/文藝春秋

 だんだん彼らのことが気になりだして、「もし声をかけられたら、ついて行ってみよう」と考えていたら実際に声をかけられたので、ついて行きました。

 話を聞いてみたら、本当に芸能事務所のスカウトの方でした。そのときもまだ芸能界への興味は薄かったんですけど、「旅行雑誌の撮影の仕事もあるから、旅行に行けますよ」って誘い文句に惹かれて、事務所に入ることにしたんです。当時は18歳だったので、「ラッキーなバイトが見つかったな」くらいの感じでしたね。