昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「もう野球を辞めようと思う」諦めかけた広島・松本竜也の人生を変えた2人の恩人

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/09/18

「もう野球を辞めようと思う」。広島の新人右腕・松本竜也投手(23)が母・美幸さんにそう伝えたのは、プロ野球選手になるちょうど1年前のことだった。このとき、松本の夢を諦め切れない人たちがそばにいなければ、その後に赤いユニホームに袖を通すこともなかっただろう。

松本竜也

ドラフト指名漏れで「野球が楽しくなかった」

 智弁学園から3年後のプロ入りを目指してHonda鈴鹿に入社した。ドラフト指名が解禁される入社3年目を迎えると、社会人の有力投手の1人として注目を集めるようになった。ドラフト上位候補と書かれた記事を目にすれば、期待に胸が膨らむのも当然だった。しかし、迎えたドラフト会議当日。高まっていた前評判はどこかに消え、どの球団からも指名されることはなかった。

 このとき、ガチャリと音を立てるようにして、やる気のスイッチが切れた。「正直、野球が楽しくなかった」。指名漏れを機に野球を辞めようと考えた。そのことを伝えると、声を荒げて説教をした人がいた。外野手として元近鉄、オリックスでプレーした井戸伸年氏である。

 同氏はHonda鈴鹿で打撃コーチを務めていた。「真っすぐは一級品や。自信を持っていい」。出会ったときから、何度も伝えてくれた。入社1年目の都市対抗予選では、変化球を捉えられて敗れた試合もあった。それでも、井戸氏からは責められることなく背中を押された。

「自分の特徴は、ちゃんと分かっとけよ。打たれたのは変化球やろ? お前の武器は直球やからな」

 母子家庭で育った松本にとって、井戸氏は「親父みたいな存在」。寮内の湯船に2人で浸かり、ときにはサウナで汗を流しながら、悩みを聞いてもらった。同期入社で高卒だったのは松本のみ。少し年の離れた大人に囲まれて過ごす中、井戸氏は心を許せる数少ない相談相手だった。

「お前はプロに行けるよ」

 井戸氏が退社したことで、コーチと選手としての関係は1年で終わった。それでも、松本は同氏の自宅を訪ねるなど2人の絆は変わらなかった。そして、自らを安心させるかのように、事あるごとに尋ねた。

「僕、ほんまにプロに行けるんですかね?」

「大丈夫や。自信持っていけ」

 誰よりも潜在能力を理解する井戸氏だからこそ、指名漏れに落ち込み、立ち止まっていることが許せなかった。

「私生活から見直せることもあるんと違うか? 自分からチャンスを手放していないか?」

 説教の最後は、いつも通りに励ました。

「指名される瞬間を思って一生懸命頑張りなさい。お前はプロに行けるよ」

z