昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「吉村選手の個人会社のマネージャーです。Bさんはマネージャーから『外で(吉村選手とBさんが)2人きりで会うのは危険だから、自分を呼んでくれ』と言われているのだと話していました。2人の不倫関係を知る卓球関係者からは、“チームマハル”はパリ五輪ではなく、不倫を応援するために結成されたなんて揶揄されていますよ。吉村選手との関係はBさんの両親も承知していて、東京行きも『Bが決めたことなら』と認めたとか。本人たちは公認カップル気分なのかもしれませんが、奥さんの気持ちを考えると胸が痛みます」(卓球関係者)

吉村選手のマネージャーとBさん。Bさんの服装は昨日から変わっていた ©細尾直人/文藝春秋

Bさんの名前を出した途端に表情をなくす

 9月1日、「文春オンライン」は自宅から出てきた吉村選手を直撃した。

――文春オンラインです。Bさんとの件についてお話をうかがいに来ました。

「それは全部事務所に聞いてください」

昨年12月、沖縄でのツーショット

――不倫関係にありますよね?

「え、いや……」

――お2人のマンションの出入りも確認しています。

「いや、事務所でお願いします」

直撃時の吉村選手 ©細田忠

――奥様と別居もされている。

「文春さんの話に関しては全部事務所を通してください」

 吉村選手は記者の声掛けに一瞬おどろいた表情を見せたが、Bさんの名前を出した途端に表情をなくし、終始質問に答えることなく、タクシーで走り去った。

Bさんを抱きしめる吉村選手

 直撃の翌日、吉村選手は何食わぬ顔でパリ五輪代表選考会の抽選会場に現れた。そして笑顔を見せながら、組み合わせを決めるくじを引いてカメラにアピールしたのだった。

関連記事