昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《かに道楽“不倫デート”撮》「不倫の応援のために作られた?」五輪銀メダリスト吉村真晴の“不倫&離婚騒動”をアシストする“チームマハル”の実力《今度は卓球》

 妻と幼い子供2人がありながら、一般人女性Bさんとの逢瀬を重ねてきた卓球の吉村真晴選手。吉村は2016年のリオデジャネイロ五輪で日本男子初となる団体での銀メダル獲得に貢献した選手で、2024年のパリ五輪でも活躍が期待される有望株だ。そんな吉村とただならぬ関係になったBさんはもともと吉村選手のファンで、試合会場で共通の友人から紹介されたことをきっかけに関係を深めていったようだ。いまではBさんがたびたび試合会場に姿を現し、吉村選手の宿泊先ホテルに入っていく様子も目撃されている。

吉村真晴選手(オフィシャルサイトより)

 一方、2人の関係が深まるにつれ、吉村選手は妻のAさんに離婚の意志を告げた。しかし、その態度は二転三転し、Aさんは一喜一憂の日々を送っているという。

 8月30日、「文春オンライン」は、銀座で吉村選手とBさんがデートする姿をキャッチした。(最初から読む)

◆◆◆

高級エステ店のカップル用個室でスッキリ

 21時過ぎ、「かに道楽」から出てきた吉村選手とBさんは、芸能人や有名YouTuberも愛用している銀座の高級エステ店を訪れた。慣れた様子で受付を済ませると、カップル用の個室へと案内されていく。

「かに道楽銀座八丁目店」を後にする吉村選手とBさん ©上田康太郎/文藝春秋

 店を出たのは0時前で、スッキリした表情の2人はコンビニで飲み物やヨーグルトを購入した。自然な流れでBさんが肩にかけたトートバッグから財布を取り出し、レジ袋はもらわずに商品をカバンに入れていく。吉村はその横でBさんの様子を見守っていた。

オイルスパを楽しんだ後、コンビニに寄り、タクシーで帰宅した ©上田康太郎/文藝春秋

 その後、タクシーに乗り込んだ2人は吉村選手の自宅マンションに到着すると、周囲を見回しながら一室へと入っていった。

周囲を警戒しながら自宅マンションの部屋に入った吉村選手とBさん ©上田康太郎/文藝春秋

 翌31日17時、吉村選手のマンションへ入っていくある男性の姿があった。約40分後、男性はBさんを連れてマンションを出ると、タクシーを拾いBさんを品川駅まで送り届けている。Bさんはそのまま空港へ向かい、福岡行きの便を購入して、手荷物検査場へと入っていった。男性はいったい何者なのか?

関連記事