昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“こども店長”加藤清史郎 留学、実家暮らし…21歳の「堅実生活」

 同僚役の杏や坂口健太郎らと居酒屋でレモンサワーのジョッキを掲げ、乾杯する姿は、大人そのもの。月9『競争の番人』(フジテレビ系)に出演中の俳優・加藤清史郎(21)が「こども店長」として一世を風靡したのは、もう13年前のことなのである。

阪神ファンでもある

◆ ◆ ◆

 今作は公正取引委員会を舞台に、坂口と杏が不正な取引を調査し、真実を暴いていくストーリー。加藤は同じチームの一員で、審査官の役を演じている。この歳で芸歴20年を誇るだけに、演技の安定感はバツグンだという。

「ある場所にロケに行った時は、10秒ほどの尺でしたが、もちろん一発OK。カメラリハーサルと本番あわせて、加藤さんの撮影は10分足らずで終わっていました」(ドラマスタッフ)

「こども店長」として大ブレイクも学業優先の生活

 2001年、神奈川県で生まれた加藤。芸能界に入るきっかけは、母親だった。

「生後2カ月でお母さんが思い出作りにと、子役事務所に入れました。1歳1カ月でデビューをし、一躍有名になったのは09年のNHKの大河ドラマ『天地人』でした。オーディションの日は小学校の運動会があったのですが、終わってから駆けつけ、見事合格を掴みました」(事務所関係者)

 そして同年、8歳でトヨタ自動車のCMに出演し、「こども店長」として大ブレイクを果たす。ただ、学業優先の生活だったため、

「主に土日に仕事をまとめていました。平日に撮影がある場合は、もちろん学校が終わってからです。宿題は撮影の合間に頑張ってやっていました」(同前)

「こども店長」は09年の流行語にもなった

 中学に入ると、将来、俳優の道へ進むべきかどうかという悩みを抱えることになる。そんな加藤に声を掛けたのが、15年に『六本木歌舞伎』で共演した市川海老蔵だった。

「海老蔵さんに『芝居一本でいけよ。13年のキャリアをその歳で持てる人なんていないんだから』とアドバイスを受けた。ただ清史郎君は俳優業はシビアな世界だということも分かっていた。将来食べていけなくなっても、バイトをしながらでも続けよう、と心に決めたようです」(芸能関係者)

z