昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ゴキブリは「最高の生き物」

――ゴキブリ研究者として35年ぶりの新種を発見し、ご著書も2冊でたわけですが、今後目指すところなどはありますか?

柳澤さんが35年ぶりに発見した新種は、アカボシルリゴキブリとウスオビルリゴキブリ(写真:『ゴキブリハンドブック』より)

柳澤 あまり大きなことは、考えていません(笑)。今回ゴキブリについての本を出す機会をいただけて、ひとつの区切りにはなりましたが、継続的にゴキブリの魅力を伝えていく姿勢が大切だと考えています。一発屋と言われぬように(笑)。

 そうすることで、社会のゴキブリの見方が変わったらいいなというのが目標です。さらにゴキブリを通して、自然環境に興味を持っていただきたい。ゴキブリだけではありませんが、普段見向きもしなかった世界に目を向けてみる面白さは格別です。

 昆虫館は昆虫を通して自然環境を伝える場でもあるので、身近な生き物であるゴキブリは、題材としては最高の生き物です。そこを入り口に、生物多様性やその保全などについて知ってもらったり、興味を持ってもらうことが、僕の最終的な目標かなと考えています。

ゴキブリ研究はじめました

柳澤 静磨

イースト・プレス

2022年7月7日 発売

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(28枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー