昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

誕生日ランチをすっぽかした田中に不満を漏らすと…

「誕生日を祝うランチを予約したのに田中さんは寝坊してすっぽかした。悠が不満を漏らすと彼は激高。酒を飲みながら3時間以上にわたり彼女を罵り続けたのです。その後、彼は家を出て、今は知人のスポーツ関連会社社長の物件に身を寄せている。そして7月、娘さんの誕生日前日に署名捺印した離婚届と共に、親権を望まないことなどが書かれた弁護士からの文書が彼女に送られてきたのです」(同前)

 田中はどう答えるのか。試合後、転居先に帰宅するところを直撃した。

――不倫をしたことは?

「ないですねえ、はい」

――肉体関係は一切ない?

「何度かはありました。一般の方で、2、3回くらい」

――それは不倫では……。

「あ~、そうなるんですかね。奥さんにも知られて何度か喧嘩になりました。分かった上で一緒にいてくれてるのかなって。単に浮気というか。遊んでしまったっていう。お酒も入って曖昧な部分もあるので……」

仲が良かった頃の2人

――DVもあったようだが。

「僕が運転中に喧嘩していたんですけど、顔面をパンチされて危なかったので、バッと押さえたら。二の腕の所に当たってしまって、痣になったっていう形です」

 約50分間、取材に応じた田中。

 一方、悠さんに取材を申し込むと、当初は「球団に迷惑をかけたくないので」と断られたが、田中の話を伝えると、「やはり不倫していたんですね……」と、重い口を開き、こう語った。

「彼には離婚しても親友のように娘の相談をしたいと伝えましたが、『それは無理』と。多くの人に支えられ、怪我も乗り越えたのに……。今はただ娘を守ることだけを考えています」

 このほか、ベビーカーも買えなかった若手時代の苦労、今年の誕生日前日に起こった“包丁事件”、田中が娘との約束をドタキャンしたこと、不倫をしたことへの田中の弁明など、9月14日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および9月15日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版で記事を読む

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z