昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ? 駅前に並ぶ“逆さまの自転車” やったのは町長…本人にその理由を直撃

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

タイヤを上にして、上下逆さまに置かれた大量の自転車。
調べを進めると、やったのは意外な人物でした。一体何のためにやったのでしょうか。めざまし8は当事者に話を聞きました。

いたずら?駅前に並ぶ“逆さまの自転車”

 

8月16日、三重県菰野町の菰野駅前で撮影された、自転車の写真。
よく見ると、何台もの自転車のタイヤが上向きになり、逆さまの状態で置かれています。その数は写真で確認だきるだけでも、4台。
これを発見した自転車の整理業務を担当する人物から「自転車の状態が異常。いたずらの領域を超えている」と、町に連絡が入りました。

いたずらと思われた行為。いったい誰がやったのでしょうか。

逆さまにしたのは町長だった…背景に放置自転車問題

この問題を町議会で追及した議員を取材すると、思わぬ事実が明らかになりました。

 

菰野町議会・横山円吉 議員:
いくら町長といえども、やっていいことと悪いことがあるんじゃないかなと。驚きましたね。地面がアスファルトですので、自転車を逆さまにしたりにするとハンドルに傷がついたり、器物損壊の恐れがあると

横山議員の追及を受けたのは、菰野町の柴田孝之町長。9月12日の町議会で、自ら移動させたものだと認めました。
一体なぜ、町長がこんなことをしたのか?めざまし8は町長に話を聞きました。

 

菰野町・柴田孝之 町長:
私がやったんですよね。皆さんがびっくりするような置き方をしたということについては、大変申し訳ないというふうに思っております。
駅前に駐輪場がございます。その駐輪場は、夜じゅう置きっぱなしにされる方が、50台しか止められないのに30台以上止まっている状況で

 

町長によると、駅前には無料駐輪場があるものの、長時間放置される自転車が問題に。そこで6月から、駐輪場の夜間利用禁止などのルールを設定。夜間も放置されている自転車は、約15メートル離れた場所に移動させることになったといいます。

しかし町長は「職員にやらせるわけにいかない。確かに"朝5時に来て"と言えないから」と話します。自転車の放置が続くため、町長自ら早朝に現場に向かい、指定場所へ移動させたというのです。多い日は30台以上の自転車を1人で運んだといいます。

z