文春オンライン

「これは…ぶっそうだね」火葬後のご遺骨の胸元に鋭利なハサミが…その“驚きの理由”とは

『最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常(2)』より #1

genre : ライフ, 社会

 
 

 1万人のご遺体を見送った元火葬場職員・下駄華緒さんが、火葬場の知られざる裏側を綴ったコミックエッセイの第2弾『最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常(2)』(竹書房)を刊行した。シリーズ累計5万部(紙+電子)を突破した同作より、「ご遺骨から出てきた謎のはさみ」を抜粋して紹介する。(全2回の1回目/「体が大きい人の火葬」編を読む)

「これは…ぶっそうだね」火葬後のご遺骨の胸元に鋭利なハサミが…その“驚きの理由”とは

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
プロマンガ家募集!私たちと新たな作品を生み出してみませんか?応募はこちら

関連記事