昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《女子中学生自殺ほう助》野崎祐也容疑者(28)が明かしていた“異性への異常な執着心”と“年下へのこだわり”「目的はわいせつ行為」「前にも未成年と付き合っていた」

genre : ニュース, 社会

 またも若い女性の痛ましい事件が発生した。自殺願望のある女性に近づき、自殺をほう助。逮捕された男の目的はなんだったのだろうか――。

 10月17日、Twitterで知り合った横浜市の中学校に通う女子生徒の自殺を手助けしたとして、神奈川県警はさいたま市緑区の会社員、野崎祐也容疑者(28)を自殺ほう助の疑いで逮捕した。

野崎容疑者(本人のSNSより)

 大手紙社会部記者が解説する。

SNSで自殺願望ある女子生徒を誘い出し…

「野崎容疑者は9月20日に女子生徒と会い、さいたま市内の自宅などで過ごした後、23日夜に相模原市の山中の橋に女子生徒を置き去りにしたようです。女子生徒の親が行方不明者届を出し、県警が捜査。防犯カメラの映像などから2人が一緒にいたことがわかり、県警は9月27日に野崎容疑者を未成年者誘拐の疑いで逮捕しました。

 その後29日に、橋から飛び降りたとみられる女子生徒の遺体が近くの川で見つかりました。自殺の手助けをしたとして野崎容疑者を再逮捕しました」

 自殺願望のある女性をめぐっては、今月上旬に事件が発覚したばかりだ。札幌市のアパートで女子大生の瀬川結菜さん(22)の遺体が見つかり、この部屋に住む小野勇容疑者(53)が北海道警に逮捕された。小野容疑者もTwitter経由で自殺願望のある女性に直接会い、瀬川さんを含めこれまでに3人を殺害した可能性が浮上している。

野崎容疑者の自宅 ©文藝春秋

 小野容疑者は犯行動機について、Twitterにこう投稿している。

《僕なんかを信じてくれて手伝わせてくれた人たちには感謝してる ひとり増えて3人になった》

《また死について悩んでる人の役に立ちたいな》

 野崎容疑者にも“人助けをしたい”というねじ曲がった欲望があったのだろうか。神奈川県警関係者は声を潜めてこう話す。

関連記事