昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「今日も生きてる?」「なんでしんどいの?」“自殺願望の若い女性”を次々引き寄せた「札幌女子大生死体遺棄」容疑者(53)の“怪しい魔力”「私もタトゥーを入れてほしかった…」

genre : ニュース, 社会

 札幌市のアパートで女子大学生・瀬川結菜さん(22)の遺体が発見された事件。北海道警察は10日、アパートに住んでいた無職の小野勇容疑者(53)を死体遺棄容疑で再逮捕した。

 小野容疑者のツイッターには「3人目」という記述が見つかるなど、瀬川さんの殺害とは別の犯行をほのめかすような投稿もあり、道警は小野容疑者の一連の投稿の真偽について慎重に調べている。

亡くなった瀬川さん

 また、小野容疑者は、既に瀬川さんを殺害したことを認める供述を始めているという。2人の犯行前後の足取りも少しずつわかってきた。社会部記者が解説する。

「小野容疑者は道警の調べに対し、瀬川さんに『殺して欲しいと依頼されて殺害した。遺体は処分して欲しいと頼まれた』と供述しています。瀬川さんは3日、『友達と待ち合わせをしている』と家族に言い残し、自宅のある小樽駅から1人電車に乗り、手稲駅で小野容疑者と合流。付近の防犯カメラには、小野容疑者が借りたレンタカーの助手席に瀬川さんが乗っている姿も確認されています。

 供述などからも瀬川さんを殺害した可能性は高いと思われますが、小野容疑者がツイッターで触れた他の2人の被害者についてはまだ確実なことはわかっていません」

瀬川さん以外にも女性2人の殺害したと明かす小野容疑者のダイレクトメッセージ

「鍋とパスタがおいしかったから」小野容疑者の自宅へ通った

 小野容疑者と瀬川さんが知り合ったきっかけはツイッターである。取材を進めると、小野容疑者は瀬川さん以外にも複数の女性とツイッターを通じて知り合い、接触していたことがわかってきた。3年前に小野容疑者と出会い、頻繁に自宅を訪れていたという知人女性が話す。

「まだ私が高校生だった2019年ごろ、精神的に病んだツイートをしたら、突然いっさ(小野容疑者のツイッターアカウント名)さんからDMが来ました。それからは『今日も生きてる?』『なんでしんどいの?』という連絡が頻繁に来るようになって……。

 すすきののシーシャバーで初めて会いました。いっささんの手首には六芒星のタトゥーが入っていて、『人に頼んだら失敗したから自分で彫るようになった』と言っていました。まだ技術的には素人でしたが、私もタトゥーを入れて欲しいと思い、その後自宅に行くようになりました」

小野容疑者(Facebookより)

 それからは週末の午後になると小野容疑者の自宅で昼から夜まで過ごすようになった。タトゥーを彫ってもらうという目的に加え、この知人女性が小野容疑者の自宅に通ったのは「鍋とパスタがおいしかったから」だという。タトゥーを彫った後は部屋でそれぞれがゲームをやるなどして過ごし、買い物など外に出ることも滅多になかった。

関連記事