昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

魔女や悪魔の力を借りて…村の娘と青年、男爵の娘による“三角関係”を描く奇怪なラブストーリー 「ノベンバー」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 エストニアのとある寒村。11月の「死者の日」に、村人たちは死んだ家族を家に迎える。疫病神、精霊、人狼が徘徊する中、貧しい村人たちは悪魔と契約して手に入れた精霊“使い魔クラット”を使役し、互いに物を盗み合いながら必死に生きていた。農夫の1人娘リーナ(レア・レスト)は村の青年ハンス(ヨルゲン・リイイク)に恋をしているが、ハンスは彼女を相手にせず、領主であるドイツ人男爵の娘に恋い焦がれている。リーナが村の魔女に恋の相談をする一方、悪魔と契約を交わしたハンスは、クラットを使って男爵の娘を連れ出そうと試みるが……。

〈解説〉

 すべてのものに魂が宿るというアニミズムの思想をもとに、エストニアの民話とキリスト教の神話を組み合わせたダークで幻想的なラブストーリーを、モノクロの映像で描く。監督・脚本はライナル・サルネット。115分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆不穏な空気とケレン味に苦笑しながら、まんまと乗せられた。ディープなヨーロッパ。人と獣と満月と。おかしみもあり。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆奇怪なイメージの連打でラブレー風の放埒に赴くのかと思ったら、シリアスな呪術的描写が多い。醜悪の映像化は難しい。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★冒頭の出来事に腰を抜かし、霧に包まれた不思議な映像に惹きこまれ、万霊節の様子にキヲツケ、水中のキスで恍惚に。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆美学的な幻想奇譚に、ジャンル映画の部品が組み込まれて頑丈な仕上がり。異素材MIXの質感を魅力にする撮影が秀逸。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★★アニミズムの思想、民間伝承が生活の一部だった過去の時代への奇妙な召喚。現代のAI的農具と牛骨のクラットに魅了。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
©Homeless Bob Production,PRPL,Opus Film 2017

『ノベンバー』(ポーランド、オランダ、エストニア)
10月29日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
https://november.crepuscule-films.com/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー