昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

取り違えの疑いがある2人の娘、うち1人が亡くなってしまい…シングルマザーたちの“数奇な運命”を描く 「パラレル・マザーズ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 2016年、マドリード。フォトグラファーのジャニス(ペネロペ・クルス)は産院で、17歳のアナ(ミレナ・スミット)と同室になる。シングルマザーになることを決意していた二人は、同じ日に女児を出産し、再会を約束して退院する。

 その後のDNA検査の結果で、ジャニスは、自分と娘の血が繋がっていないことを知り、産院での取り違えを疑うが、悩んだ末に、この秘密は封印すると決め、アナとの連絡を絶つことに。1年後、アナと偶然に再会したジャニスは、彼女の娘が亡くなったことを知らされる。

〈解説〉

『ペイン・アンド・グローリー』に続くペドロ・アルモドバル脚本・監督作。二人のシングルマザーの数奇な運命と絆を描く。第78回ヴェネツィア国際映画祭最優秀女優賞受賞。123分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆ともに未婚の女二人の、「母性」のゆくえ。P・クルスの衰えない美貌。R・デ・パルマの奇抜顔。この監督ならではの味。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★★浅いメロドラマになりかねない話が香り高いスープに化けた。省略の魔術。融合の膂力。抽出されたエキスが味わい深い。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆シングルマザーの話に収まらず。命を失う現実を背景に、過去の惨劇を露わにする展開は壮大な愛を身近に感じさせる。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆アルモドバルの先駆性と深化を同時に見せつける堂々の出来。ジャニスの「サマータイム」が流れる箇所の鮮烈さに痺れる。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆2人の母親のパラレルな関係と内戦で消えた人々の遺骨発掘。真実、記憶、継承。母性と色香が同居するペネロペを是非!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
© Remotamente Films AIE & El Deseo DASLU

『パラレル・マザーズ』(スペイン・仏)
11月3日(木)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次公開
https://pm-movie.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー