昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈歌舞伎座で活動再開〉香川照之“12月復帰”…「出してやってくれないか」海老蔵が手を差し伸べた

 銀座のホステスへの性加害が報じられ、ドラマや舞台の降板が相次いだ俳優で歌舞伎役者の香川照之(市川中車 56)が、12月5日から東京・歌舞伎座で行われる13代目市川團十郎白猿襲名披露公演「十二月大歌舞伎」に出演することが10月31日、発表された。事実上の仕事復帰となる。

 性加害報道後は表舞台から姿を消し、直近の芸能活動再開は絶望視されていた香川。しかし「週刊文春」は、“12月復帰”をいち早く報じていた。動いたのは市川海老蔵(当時、現・13代目市川團十郎)。舞台裏を報じた小誌の記事を再公開する(初出:週刊文春 10月13日号 年齢・肩書きは公開時のまま)。

◆◆◆

「問題発覚から1カ月半、今も自宅に記者が張り付いている時がある。車で帰宅してそれに気づくと、そのまま自宅をスルーして離れていくのがお決まりとなっています」(スポーツ紙記者)

 銀座のホステスへの性加害問題で、表舞台から姿を消した香川照之のことである。

◆ ◆ ◆

世田谷区内に3億円の豪邸を建てたばかりだった

 出演中のテレビCMは次々と消え、10月スタートのTBS日曜劇場『アトムの童(こ)』も降板した香川。

「スポンサーの意向が強いテレビドラマの出演はしばらく無理。ただ、俳優としての実力は誰もが認めるところで、映画や舞台からの復帰となるでしょう」(同前)

香川照之

 香川は2019年、世田谷区内に3億円ともいわれる延床面積300平米の3階建て豪邸を建てたばかり。

 だが生活の心配はなさそうだ。香川の知人が明かす。

「この豪邸は父の市川猿翁さん名義で、猿翁さんのお金で建てたもの。香川さんは長く療養生活を送っている猿翁さんの資産管理をしている。猿翁さんはベイエリアの賃貸マンションで暮らし、この家に来たことはないそうです。香川さんには一緒に暮らしていた、京都で芸妓をしていた女性がいましたが、騒動後はメディアが来るので、彼女は家を出ている」

主演映画『宮松と山下』は11月公開

「12月の歌舞伎座に出演するんです」

 しばらくは蟄居生活もやむなしと思いきや、早くももう一つの顔である、歌舞伎俳優・市川中車として復帰する話が出ているという。

「12月の歌舞伎座に出演するんです」

 こう証言するのは、ある歌舞伎関係者だ。