昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

セクハラだけじゃない。香川照之がTBSドラマ懇親会で女性スタッフに暴行疑惑

 銀座のクラブの女性への性加害報道で謝罪に追い込まれた俳優・香川照之(56)。彼がドラマの懇親会の席で、酔っぱらって女性スタッフに暴行していた疑いがあることが『週刊文春』の取材でわかった。

自身が司会を務める『THE TIME,』で謝罪

 香川の性加害をスクープしたのは『週刊新潮』の8月24日発売号。

「19年7月、知人と共に銀座の高級クラブを訪れた香川は、ホステスからブラジャーをはぎ取って匂いを嗅いだ上、キスをして直接胸を触るなどの行為に及びました。これによってPTSDを患った女性は、翌年、香川を止められなかったことを理由にクラブのママを訴えた。訴えは取り下げられましたが、訴状にはセクハラ行為の詳細が記されていたそうです」(芸能記者)

香川照之 ©文藝春秋

 新潮の発売翌日、香川の所属事務所は〈当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実〉とコメントを発表。その翌日には香川が司会を務める『THE TIME,』(TBS系)で謝罪をした。

セクハラだけではない、香川の知られざる振る舞い

 ドラマや映画、CMに引っ張りだこだった香川だけに、影響は計り知れない。

「7月からテレビ朝日系ドラマ『六本木クラス』に出演しているほか、トヨタ自動車の『トヨタイムズ』をはじめ、現在5本のCMに出演。報道を受けてテレビ朝日は『影響はない』とコメントしたが、CMスポンサーは状況を注視している」(代理店関係者)

 テレビでは決して見せない、香川の銀座での顔。だが、あるドラマ制作関係者によれば、香川の知られざる振る舞いは、セクハラだけではないという。

z