昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/11/19

最初に報告した“意外な人物”

――意外と冷静なものなんですね。当選を一番はじめに打ち明けた相手は?

ぽんぽん 小さいときからお世話になっている、お金持ちの経営者の方に話しました。

――家族じゃないんですね。

ぽんぽん お金持ちに相談したほうが大金の運用の仕方とか気をつけることとか、いろいろ知っているかなと思ったんです。あとはまあ、お金に困ってないんで、僕が大金を持っていることを知られても心配ないかなって(笑)。

――その経営者の方の反応は。

ぽんぽん ちょっと信じられないというような感じで、ビックリされていましたね。お金持ちにとっても6億というのはインパクトのある数字だったみたいです。

 その後、両親に打ち明けたんですけど、僕が6億円当たったことより自分たちより先に他人に話されたことにショックを受けてましたね(笑)。「なんで私たちより先?」みたいな。

©文藝春秋

スポーツくじを買い始めたきっかけ

――もともとスポーツくじはずっと買っていたんですか?

ぽんぽん その経営者の方の家に小さいときからよく遊びに行ってて、お金持ちにすごく憧れがあったんです。で、当たればいいなという軽い気持ちで、社会人になってからtotoとBIGを定期的に買っていました。

――具体的にはどんな買い方をしていたんですか。

ぽんぽん 数年やっても大して当たらなかったんですけど、楽天totoの「おまかせBIG」という自動的にくじを購入してくれるサービスに切り替えました。毎回10口、3000円分です。

――そのコツコツ買っていた10口で、6億円が当たったというわけですね。

ぽんぽん 自動引き落としなので買ってる意識も薄く、当たった瞬間もスポーツくじのことが思い浮かばなかったくらいで。