昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「当選から3か月で、5億5000万円使いました」スポーツくじBIGで6億円…高額当選者の大胆すぎる“お金の使い道”

スポーツくじで6億円当選・ぽんぽんさんインタビュー #1

2022/11/19

 スポーツくじ「BIG」で最高額6億円を引き当てたぽんぽんさん(仮名/30代会社員)。ある日突然大金を手にしたことで、お金や仕事、親しい人との関係はどのように変わったのか。当たるスポーツくじの買い方から当選直後の“買い物”など、高額当選者のリアルストーリーに迫る。(全2回の1回目/続きを読む

ぽんぽんさん(仮名)は、スポーツくじBIGに当選し、6億円を手にした ©文藝春秋

◆◆◆

――今日はありがとうございます。取材を申し込んでおいてなんですが、高額当選者だと身バレは怖くないですか?

ぽんぽんさん(以降、ぽんぽん) まあ、でも、こんな風に取材される機会も今後そうないだろうと思いまして。好奇心が勝りました。もちろん身元バレしないことが大前提ですが。あと、こういうネットの記事だと「宝くじ高額当選者のヤバい末路」みたいなタイトルをイメージするんですけど……。

――よくウェブメディアをご存知で。

ぽんぽん やっぱりそういう感じなんですね(笑)。でも、だとすると僕の話はキャッチーな要素がなにもないと思うので、ボツになるんじゃないですかね。

――“宝くじ高額当選者のヤバい末路”にはなっていない、ということですか。

ぽんぽん はい、まったく。むしろ変わってないといいますか。

6億円当選した瞬間にいた場所は…

――それはそれで、変わってないことに読者の方は驚くような気がします。では順を追ってお聞きしたいんですが、ぽんぽんさんはちょうど10年前の2012年、スポーツくじ「BIG」の1等が当選。6億円を手にしたということですが、当選はどこで知ったんですか?

ぽんぽん 会社のトイレの中でした。当時は地方に転勤中だったんですけど、その地元の銀行から「大金が入金されました」と電話がかかってきたんです。金額はその場で教えてくれなかったのでネットで口座を見てみたら6億円が入っていた、という感じです。

6億円が入金された銀行通帳には「トト トウセンキン」の文字が (本人提供)

――トイレに入ったときと出るときで、人生がガラリと変わっているわけですよね。飛び上がりたくなるような感じですか? 6億円が当たったときの気持ちが想像できません。

ぽんぽん そこまでワーッとテンションが上がるようなことはなかったですね。今思えば平然としてたというか。なんででしょうね(笑)。