昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大臣秘書官がリニア代替地を格安“違法取得”疑惑

 甲府盆地の南西部、山梨県富士川町。土地の8割が森林という緑豊かなこの町は近い将来、リニア新幹線の通り道となる。甲府市の新駅設置に伴う宅地開発も見込まれる中、ある土地を格安で購入した人物がいる。岡田直樹地方創生相の大臣秘書官、㓛刀(くぬぎ)岳秀氏だ。

国交畑を歩んできた岡田地方創生相

◆ ◆ ◆

実家近くにある富士川町の農地200坪を購入

 総務省担当記者が言う。

「㓛刀氏は2003年に入省した総務省のキャリア官僚です。自治行政局公務員部公務員課理事官、京都市行財政局財政担当局長を経て、今年8月から現職。政府は、岡田氏が所管する地方創生の一環としてリニアを後押ししてきました」

 

 そんな㓛刀氏が18年6月15日付で購入したのが、実家近くにある富士川町の農地(約200坪)だ。

「農地保全の観点から、農地購入には規制が設けられてきました。転用目的なら、農地法第5条に基づく申請が必要です。ただ、税制上の負担が重い。他方、耕作目的なら、農地法第3条に基づく申請で税制上の負担は軽くなる。『営農計画』を農業委員会に提出し、審査の上、購入の可否が判断されます」(農水省関係者)

 㓛刀氏が選んだのは、農地法3条に基づく申請だった。18年5月7日付で富士川町農業委員会に「営農計画」を提出している。

「営農計画」(上)と「代替地登録通知書」

実現可能性が乏しい「営農計画」

「週刊文春」が入手した「営農計画」によれば、〈栽培予定作物:柿〉と明記。1年目は年150キロ、2年目は年180キロの柿を道の駅富士川に委託販売し、〈農業収入の増大を目指す〉という。さらに農業に〈常時従事している者〉として、父母らと共に㓛刀氏の名前もあった。農業法では原則として、農業従事者の定義は年150日以上とされる。中でも〈主たる耕作者〉は㓛刀氏本人だ。

 だが、㓛刀氏の当時のポストは自治行政局の理事官。霞が関で職務に精励する以上、実現可能性が乏しい「営農計画」を提出していたことになる。