昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

木村拓哉の織田信長姿に“観覧倍率64倍” 「抜け道エリアに当選者が抗議」現場はどうなっていたのか?《写真多数》

 黄色い歓声とともに姿を現した馬上豊かな“織田信長”。扮するのは、キムタクこと木村拓哉その人である。

 

 3年ぶりに岐阜市内で開催された「ぎふ信長まつり」。6日に行われた「騎馬武者行列」には、同市出身の伊藤英明らも参列し、2日間で計62万人を集客する大盛況となった。

岐阜市出身の伊藤英明も参列

観覧エリアは驚異の約64倍…抜け道に当選者が抗議

 観覧エリアの倍率は驚異の約64倍で、当選者数は1万5000人。抽選に漏れた人も多く、当日は立ち入り禁止とされた歩道で観覧する人まで出る事態に。急遽、臨時の観覧スペースとされたものの当選者がこの“抜け道”に抗議し、一時付近は騒然となった。

 
 

 だが、韓国梨泰院の事故の影響もあり警備体制は厳戒。約1キロに渡り幅約8メートルの片側車線を封鎖し、観覧エリアを設置。それを16のブロックに区切り「群衆雪崩」を防止した。関西大学の川口寿裕教授が解説する。