昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈タッキー退社&キンプリ3人脱退の真相〉キンプリを奪われたジャニー社長は滝沢に…4年前に始まっていた事実上の“事務所分裂”

 11月4日、ジャニーズの5人組アイドルグループ・King & Princeから平野紫耀(25)、岸優太(27)、神宮寺勇太(25)の3人が来年5月に脱退することが電撃発表された。平野と神宮寺はグループ脱退とともに、岸は来年秋にジャニーズ事務所からも退所するという。

 昨年から「話し合いを重ね、全員が『お互いの人生を尊重しよう』という考えで一致」し、発表に至ったというKing & Prince。ジャニーズ事務所では1日に副社長であった滝沢秀明氏(40)の退任が発表されたばかりで、ファンや関係者には驚きのニュースが続いている。今、ジャニーズ事務所に何が起こっているのか。滝沢氏の引退劇をどこよりも詳細に報じた「週刊文春」の特集記事を特別に無料公開する(初出:週刊文春 2018年9月27日号 年齢・肩書きは公開時のまま)。

◆ ◆ ◆

「タッキー引退」「ジャニー社長の後継」。9月12日に発表された引退表明は、約2週間前に小誌が報じた通りの内容だった。では彼を引退に追い込んだ理由とは何なのか。そこにはジャニーズ内の深刻な路線対立があった。他誌では絶対に読めない「滝沢引退」全真相(全2回の1回目/#2へ続く)。

◆ ◆ ◆

「まあ、うちの後輩たち、みんなが言ってるように(滝沢は)すごくマメで気が利くから、最適なんじゃないかと思うけど……うん」

滝沢秀明

 9月15日、宮城県のレース場で取材に応じた近藤真彦(54)は、言葉を選びながら訥々と話し始めた。

 小誌8月30日発売号が報じたように、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)は滝沢秀明(36)を自身の後継者に指名した。

「週刊文春」8月30日発売号

 12日深夜、ジャニーズ事務所は、「タッキー&翼」の解散、滝沢の年内での引退を発表。ジャニー氏は公式サイトで滝沢に対する感謝の言葉をこう綴っている。

〈今般、滝沢秀明がタレントとしての経験と知識を生かし、『ジャニーズJr.たちの育成で、ジャニーさんを手伝いたい』と言ってくれた時、私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています〉

 ジャニー氏は滝沢に対し、芸能界を引退しないプレイングマネジャーの道を提案したが、滝沢は「生半可な気持ちで人の命を扱えない」と固辞。「ジャニーさんに人生を捧げる」と退路を断って、裏方に回る決意をしたという。

近藤真彦が語る「後輩の大抜擢」

 約90名のタレントと、約300名のジュニアを擁する“アイドル帝国”ジャニーズ事務所。

 なかでもタレントの序列トップに長年君臨する近藤は、「ジャニーさんの跡継ぎ」を自認。そんなジャニーズの“長男”と呼ばれる男が、後輩の大抜擢について語る。