文春オンライン

《アート引越センターいじめ》「女性社員の前で全裸を撮られるより屈辱的…」逮捕の従業員(27)の元同僚が明かす“別の先輩いじめ”と“300万円金銭トラブル”

「正直、今回のいじめは、岩倉と一緒に働いていたことがある元同僚たちにとって全く驚きではありません。事件発覚後には仲間たちと『また、やべーことやってる』って連絡を取り合いましたね」

 11月9日、20代同僚男性の下着を無理やり脱がせたうえに、腹部に軽いけがを負わせたとして、強制わいせつ致傷の疑いで「アート引越センター(以下、アート社)」の正社員・岩倉拓弥容疑者(27)と同社アルバイトの森本義洋容疑者(52)ら計4人が逮捕された“同僚いじめ”事件。かつて岩倉容疑者と一緒に汗を流したことがある元同僚はこう感想をもらした。さらに岩倉容疑者は“巨額”金銭トラブルで一度退職した過去もあるようで――。

◆◆◆

元同僚が「“余罪”は他にもありますよ」

 事件が起きたのは4月30日未明、江戸川区にある岩倉容疑者の自宅アパートでのことだった。当時、岩倉容疑者や被害者男性らが現場にいたところ、酔った森本容疑者が現れて突然「服を脱げ」と指示を出し、岩倉容疑者が中心となって服を脱がせたという。社会部記者が解説する。

「森本容疑者は『気が乗らないから』という理由で、被害者男性に衣服を脱ぐことを強要したようです。男性は自ら服を脱ぎパンツ1枚の姿になりました。そこに女性の社員が現れると、森本容疑者は『パンツも脱げ』と指示。逮捕された4人で男性の肩を押さえて頭を殴打し、パンツを破ったといいます。森本容疑者はその様子をスマートフォンで撮影していました。被害者男性は日常的にいじめを受けていたようで、髪の毛をバリカンで刈られたりといった暴行もあったと見られています。男性はその後『適応障害』と診断され、退職しています。警察は余罪があるとみて捜査を進めているところです」

岩倉拓弥容疑者(右)と森本義洋容疑者(「日テレNEWS」より)

 今回の事件を受け、「“余罪”は他にもありますよ」と証言するのは前出の元同僚である。