文春オンライン

30代女性が精神科医との不倫・投薬・大量LINEの果てに自殺 現場を見た不倫相手はぼそっと「バカだなぁ」

#1

genre : ニュース, 社会

 2016年8月16日、鹿児島県内の精神科クリニックに勤務していたA子さん(当時32)が自殺した。

 患者の相談・援助を行う精神保健福祉士として働きながら事務方も務め、しかも鹿児島市と垂水市の2カ所のクリニックを、鹿児島湾を渡るフェリーと自家用車を乗り継いで行き来していた。A子さんの自殺は労災と認定されたが、遺族は「A子が死んだ原因は単なる過労ではない。働いていたクリニックの院長X氏のセクハラとパワハラだ」と訴える。

2016年に自殺で亡くなったA子さん

 死後、A子さんのスマホから見つかったのが、クリニックの院長であり精神科医であるX氏との間で1年以上にわたって交わされた大量のLINEメッセージである。その内容は院長とスタッフの関係を大きく逸脱し、「したいよ。今しゃぶらせたい」「いかせてくれる?」など性的な内容も多く含まれている。X氏は妻子持ちで、2人は不倫関係にあった。

 このほかにもX氏は「死にたい」などと言ってA子さんを心配させたり、激しく罵ったりしていた。徐々に精神のバランスを崩していったA子さんは、患者としてX氏の診察を受けるようになっていった。

「X氏との異常な関係を知ったのはA子が自殺した後でした」

 A子さんの母親は、X氏がA子さんの診察をしていた事実に不信感を隠さない。

A子さん(右)とX氏の間で交わされたLINE。「エロい格好できてよ」という言葉が見える

「A子は昔からきれい好きな性格だったのですが、X氏はそれを『強迫性障害』と診断していました。うつ病の薬を飲まされたうえに、LINEで24時間言葉で揺さぶられて“洗脳”されたのだと思います。性的な要求もひどく、ほとんど奴隷のような状態。私たちとは離れて暮らしていたため娘の状況に気づいてあげられず、X氏との異常な関係を知ったのはA子が自殺した後でした。悔やんでも悔やみきれません」

 果たして6年前、A子さんの身に何が起こっていたのだろうか。A子さんの32年間という短い人生を母親はこう語る。

「A子は小さい頃から大人しい子でした。幼稚園の頃に自分で望んで始めたピアノではコンクールの九州大会で優秀賞をいただき、勉強も得意で鹿児島大学の教育学部に進学した自慢の娘です。大学を卒業した後に専門学校に通い直して精神保健福祉士の資格をとりました。母親の私が精神科のナースとして働いていたのを見ていたからか、A子も障害がある人の教育や医療に興味をもっていたようです。資格取得後は鹿児島市内の大きな病院で働き、2013年に29歳で結婚して鹿児島湾を挟んだ鹿屋市に移りました。しかし1年ほどで離婚し、新しい職場を探していた時に紹介されたのが垂水市のX氏のクリニックでした」

関連記事