文春オンライン

《拘置所で突然死》“トー横の金髪男”ハウル32歳、性加害の被害者は他にもいた。その卑劣な手口とは

2022/11/15

genre : ニュース, 社会

 2022年6月22日、いわゆる「トー横キッズ」のリーダー格で「ハウル・カラシニコフ」を名乗る小川雅朝容疑者(32)が、未成年の少女に対して淫らな行為をした疑いがあるとして東京都青少年健全育成条例違反(未成年淫行)容疑で逮捕された。

 初公判は今月22日に東京地裁で予定されていたものの、ハウルが東京拘置所で死亡していたとTBS NEWS DIGによって報じられた。ハウルとはいったい何者だったのか。逮捕後の記事を再公開する。

(初出:2022年7月1日。年齢、肩書は当時のまま)

ADVERTISEMENT

◆ ◆ ◆

「ボランティア活動と称して人を集め、自分の生活のために女性や少女を誘い出して、そのまま強引に体の関係を持つんです。その後、付き合おうとか、同棲しようとか、将来のことを匂わせて、丸め込む。恋人なんだと一方的に言ってくるんです。おとなしい子だと黙ってしまう」(歌舞伎町卍會幹部)

 新宿・歌舞伎町の、通称、「トー横」と呼ばれるエリアで清掃活動をしたり、家族の問題などで悩む子どもや若者たちを支援していた任意団体「歌舞伎町卍會」が6月28日に解散を決めた。「卍會」の代表・小川雅朝容疑者(32)が、家出中の16歳の少女に淫らな行為をしたとして、6月22日に東京都青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されたのがきっかけだった。

逮捕された「ハウル」こと小川雅朝容疑者

部屋の中は、足の踏み場もないほどのゴミ

 いわゆる「トー横キッズ」が集まっていた「シネシティ広場」(以下、「広場」)で清掃ボランティア活動をする際、「歌舞伎町卍會」は新宿区の環境清掃部ごみ減量リサイクル課に「清掃美化活動参加票」を提出していた。

 小川容疑者は周囲には本名を教えず、「ハウル・カラシニコフ」を名乗っていた。そのため、区に提出する「参加票」には別の人物、佐藤氏(仮名)の名前が書かれていた。「卍會」責任者として、佐藤氏は逮捕後、小川容疑者の自宅の整理などに追われている。

筆者の取材に応じた歌舞伎町卍會の責任者・佐藤氏(左/仮名)と幹部の一人(右)©渋井哲也

「荷物の処分を任されたため、小川容疑者のマンションに行きました。逮捕のときに暴れたようで、カーテンレールが壊れていました。部屋の中は、足の踏み場もないほどゴミがありました。彼には、ゴミを捨てるという習慣がないらしいのです。『炊き出しをしているのだから、衛生面には気をつけるように』と言ってあったんですが……。これでは、『広場』のほうが綺麗なくらいです」(佐藤氏)

 小川容疑者の逮捕後、「卍會」としては会の名称を変更し、活動を続ける案もあったようだが、それはすぐに立ち消えになった。その理由は、小川容疑者の素行にあった。

関連記事