文春オンライン

逸ノ城、“おかみさん殴打”で破門の危機…親方との師弟関係が悪化した“決定的な出来事”

 

「湊親方は協会に『しばらく部屋に住まわせます』と頭を下げたのですが、逸ノ城はすぐマンションに帰ってしまった。さすがに湊親方も『全く言うことを聞かない。限界です』と協会に伝えたそうです」(同前)

粘りの相撲が持ち味だった湊親方

湊部屋を訪ね、おかみに聞いてみると…

 やがて湊部屋の異常事態は角界内に漏れ始めた。協会関係者が耳打ちする。

ADVERTISEMENT

「本来なら、逸ノ城はいつ破門になってもおかしくない。現在、協会が湊親方と逸ノ城の双方から事情聴取を続けているが、スキャンダル化を恐れる協会は、親方に全責任を押し付けようとしているフシがある」

 湊部屋を訪ねると、おかみが困惑気味に言う。

「何もお答えできませんので、相撲協会の広報部を通していただけますか」

 相撲協会に事実確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

 師弟揃って土俵際――。

逸ノ城、“おかみさん殴打”で破門の危機…親方との師弟関係が悪化した“決定的な出来事”

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録