昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「非常に珍しいこと」天皇陛下と雅子さま、ポルトガル議長夫妻と“円卓”でご面会された理由《輝くお揃いゴールドコーデも華やか》

 皇居乾通りを紅葉が彩り始めた11月16日、天皇皇后両陛下はポルトガルのサントス・シルバ議長夫妻と御所にて面会された。陛下のネクタイと雅子さまのスーツは「銀杏を思わせるゴールド。まさに錦秋の装いです」と歴史文化学研究者の青木淳子氏は語る。

お誕生日でも着用された、品格漂うゴールドスーツ

「ご自身と周囲を明るく照らす色だからでしょう、両陛下の仲睦まじい『ゴールドコーデ』は、雅子さまのお誕生日や国際親善の席で披露されてきました。

 雅子さまのスーツは、皇后になられて初のお誕生日(2019年)でも着用されたもの。華やかな光沢がありながら、装飾は控えめで品格漂うデザインです。お誕生日のご近影では右手にパールの指輪を合わせておいででしたが、今回はつけていらっしゃいませんね。議長夫妻と握手される際のご配慮かもしれません」(同前)

ポルトガルのサントス・シルバ議長夫妻と御所にて面会された天皇皇后両陛下 写真提供 時事通信社

 11月2日のドイツ・シュタインマイヤー大統領夫妻との面会でも、両陛下は『ゴールドコーデ』でお出ましになった。

「天皇陛下のネクタイは今回とは違う織りで、雅子さまのジャケットの襟やスカートにきらめく金のレースと、非常にマッチしたお色味でした」(同前)