文春オンライン

セカンドカーとして買ったN-BOXに“1000万円超”のカスタム…「バイト代」で改造費を捻出するサラリーマンの“ヤバすぎる情熱”

願望炸裂! ぶっとびカスタム道 #1

2022/12/10

genre : ライフ, 社会

「なんで車にそこまで?」

 世間からの驚嘆の声も、好事家の耳には賞賛と響く。他人には理解しえないコダワリに人生を賭ける、カスタムカーオーナーの酔狂な実態とは⁉

 今回は、軽自動車のN-BOXに驚きの改造を施す「かず」さんをご紹介。

 

「軽にそんなお金をかけるなんて」と言われても

 この車はもともと、セカンドカーとして買ったものなんです。当時はセルシオに乗っていて、そっちをメインに弄っていたので、このN-BOXは普段の足に使うつもりだったんですよね。

 でもそれから、雑誌やイベントでカスタムされた軽自動車を見ているうちに、「軽でもこれだけ個性を出せるのか」と思ってしまって。軽い気持ちで弄りはじめたのですが、一度手をつけると「人とは違うものにしたい」という気持ちがどんどん強くなっていくんですよね。

ボディを拡張し、構造変更の手続きを済ませている。車高はイベント展示用に最低まで下げた状態

 そうやって、「ここも、あそこも」と、次々にワンオフのパーツを作ってもらっているうちに、カスタム費は1000万円を優に超えてしまいました。

 大きな改造としては、BMWのフロントを移植したり、ワイドボディ化して書類上でも構造変更を済ませたり、スライドドアを観音扉にしたり……誰もやらないようなことばかりなので、毎回ショップの人には苦労をかけています。向こうからすればワケのわからない要求でしょうけど、いつもイメージ通りにしてくれて、感謝しかありませんね。

便利なスライドドアをわざわざ観音開きにする酔狂っぷり

 やっぱり、周りから「軽にそんなお金をかけるなんて」とはしょっちゅう言われますし、自分でもここまでやるとは予想していませんでした。でも、まったく後悔はないですね。仮に1000万円のBMWと交換できると言われても、もちろん応じないですよ。なんというか、これと決めた車を自分の思う形にしていく過程が楽しいんですよね。

 こういう車に乗っていると、変わった人のように思われがちなんですが、仕事は普通のサラリーマンをしています。ただ、給料はだいたい生活費に消えてしまうので、車に充てるお金を稼ぐためにバイトをしていて。やり繰りは大変ですが、自分にとってはこれが生きがいなんですよね。

次は内装を作り直す予定なのだとか

 そうしているうちに、セルシオよりもN-BOXに手をかけるようになって、しばらく前にセルシオは手放してしまいました。普段の足にはムーヴを買って、この車は基本的にイベント展示がメインですね。

 さすがに、またムーヴの方をカスタムしはじめることはないと思います。さすがに。このN-BOXも、まだまだ弄り足りない部分がたくさんあるので……次は内装をフルリメイクして、外装もまた塗り替えようかと画策していますよ。もう、どれだけお金があっても足りないですね。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事