文春オンライン

連載THIS WEEK

「若手が萎縮するチームは魅力が無い」森友哉が巨人ではなくオリックスを選んだ理由

「全試合マスクを被って、パ・リーグ3連覇に貢献したいですね」

 会見でこう自信たっぷりに語ったのは、西武からオリックスにFA移籍した森友哉(27)。西武、巨人との三つ巴の争奪戦を制し、4年総額18億円の契約を結んだのは、今季日本一に輝いた球団だった。

地元・大阪に凱旋した森 ©時事通信社

 森は大阪桐蔭高で、甲子園春夏連覇も達成。ドラフト1位で西武に入団し、ベストナインには3回選出されている。リーグ優勝を果たした2019年には、首位打者とMVPを獲得。先月の侍ジャパンにも選ばれた。

「先輩にも可愛がられ、リード面などに悩む森を『励ます会』も開かれていた」(スポーツ紙デスク)

 ただ、性格は極めて“やんちゃ”で知られる。

「中学時代の恩師が、地元のやんちゃグループと『付き合うな』と森に言ったが、その約束を破ったことがバレ、説教をされたこともある。西武では、同期入団だが、年上の山川穂高にはタメ口。仲の良さの裏返しでもあるが、山川の車にゴミを置きっぱなしにしたのを暴露されたことも」(同前)

 今年4月には途中交代後、ロッカールームでキレてマスクを投げつけ、右手人さし指を骨折。辻発彦監督に二軍降格を命じられた。また機嫌が悪いと、メディアにも不満を隠さない。

「気にいらない質問には『何なんすか』と食って掛かる。取材時に、『もういいでしょ』と、一方的に話を打ち切ろうとすることもあった」(同前)