文春オンライン

連載THIS WEEK

「若手が萎縮するチームは魅力が無い」森友哉が巨人ではなくオリックスを選んだ理由

note

森が巨人ではなくオリックスを選んだ理由

 では移籍先を選ぶ決め手は何だったのか。本人曰く「若手が萎縮するチームは魅力が無い」「のびのびできる」球団を探したとのこと。

「巨人には大阪桐蔭の先輩・中田翔がおり、“やんちゃ同士”なので『絡まない方がいい』と森に助言する関係者もいた。また、何かあればOBやスポンサー、マスコミ、ファンからのバッシングは西武とは比較にならないほど激しい。さらに“紳士球団”ゆえに髭・茶髪禁止など規律も厳しい。そんな巨人は、若手が萎縮しているように見えたのでしょう。森の思いを察したのか、巨人側もそこまで強くアプローチはしなかったそう」(運動部記者)

金髪で顎ひげとワイルドな風貌の時も ©時事通信社

 その点、オリックス中嶋聡監督は選手を「のびのび」させる野球で知られている。

ADVERTISEMENT

「失敗しても必ずチャンスを与える。選手に疲労がたまっていると感じたら、試合前の練習を短くしたり、自由参加にすることもある。西武でフロント業務経験のある人物がオリックスにおり、彼が今回の交渉役を務めたことも大きかった」(同前)

 今回、森から明確に敬遠された巨人。多くの選手の憧れの的だったのも、遠い昔のことになりにけり。

「若手が萎縮するチームは魅力が無い」森友哉が巨人ではなくオリックスを選んだ理由

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー