文春オンライン

〈渡辺徹さん死去〉極貧の少年時代、一念発起して家を建てた父、その家で新妻の榊原郁恵は「夏のお嬢さん」を歌った

#1

2022/12/02

 俳優でタレントの渡辺徹さんが敗血症のため都内の病院で死去していたことが、12月2日、わかった。61歳だった。11月下旬より細菌性胃腸炎と診断され入院後、敗血症を発症したという。

 歌手の榊原郁恵さん(63)とおしどり夫婦として知られていた渡辺さん。渡辺さんが「週刊文春」に自らの人生を語った記事を公開する。(初出:週刊文春 2015年1月15日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

〈全2回の1回目。後編『〈渡辺徹さん死去〉女の子の話をしては「最低!」と言われ…唯一好きだったアイドル・榊原郁恵との結婚』を読む〉

◆◆◆

「子供はいらない」と言った父親を説得して生まれたのが渡辺さんだった

わたなべとおる/1961年栃木県生まれ。高校卒業後の80年、文学座研究所に合格。翌年に「太陽にほえろ!」のラガー刑事役で人気を博す。以降、テレビを中心に俳優業だけでなくバラエティ番組でも活躍中。2001年に第26回菊田一夫演劇賞を受賞。妻はタレントの榊原郁恵。

渡辺徹 ©️文藝春秋

 僕は栃木県小山市で生まれて、3カ月で茨城県古河市に引っ越したんですが、それまでに両親は関東平野のど真ん中、茨城、栃木、群馬、埼玉の県境、30分もあれば全県回れるような場所を転々としていたみたいです。というのも、うちの親父は“流し”なんですね。流しというのはいろんな盛り場を流して歩いてお金をいただくという職業ですから定住をしない。しかも、親父は茨城の古河で実家の食堂の看板娘だったおふくろと恋仲になったものの、おふくろの親に結婚を反対されて駆け落ちしちゃったんです。だから、見つかっちゃいけなかったんです。

「子供はいらない」と言った父親を母親が何とか説得して生まれたのが渡辺さんだ。以来、親子3人で暮らしてきた。渡辺さんの最初の家の記憶は小山市から移り住んだ古河の6棟の三軒長屋である。

 長屋ですから子供がゴロゴロいた。だから、喧嘩ばっかりの毎日で、僕のその頃の写真を見るといつも石ころを握りしめてるんですよ。小さいながらに武装して、常に臨戦態勢だった(笑)。

 僕は結構かわいかったらしいんです。それで自分の子よりかわいいのが気に入らない近所のオバさんから辛子のついたサツマイモを食わされたこともあったんですけど、仕返しにその家に石投げて帰って来るような子供でした。

 家は安普請の六畳間と四畳半の台所の二間。ベニヤ板の仕切りなので隣の家の声が筒抜けでね。おふくろは若くて、周りに知り合いもいなかったので僕を育てるのは大変だったみたいです。赤ん坊は毎日お風呂に入れないと死んじゃうと思っていたもんだから貧乏なのに雨の日も雪の日も毎日銭湯に通った。台風の日まで行ったら銭湯のオジさんに「こんな時に銭湯に来るなんて何考えてるんだ!」ってすごく怒られたと言ってました。