文春オンライン

W杯で絶好調のABEMA サイバーエージェント・藤田晋社長、最大の弱点は“あの天才”の退社

「やっぱり“持ってる”よねと、みんな言っています」

 W杯の全試合無料中継を行ったABEMA。運営するサイバーエージェント(以下サイバー)の関係者がそう漏らすのは、藤田晋社長(49)のことである。

ギャンブラーとしても知られる藤田社長

◆ ◆ ◆

スペイン戦後に株価が高騰 時価総額は約400億円増加

 スペイン戦が行われた12月2日、ABEMAは過去最高の視聴者数、1700万人を記録した。

「本田圭佑の解説も評判となり、試合を追うごとに視聴者数は増えています」(スポーツ紙記者)

ABEMAは視聴者数記録を次々更新

 ABEMAは2016年の開局以来、赤字が続く。

「ABEMAを核とするサイバーのメディア事業は、22年9月期も124億円の営業損失を計上。一方で、スペイン戦後に同社の株価は高騰し、時価総額は約400億円増えた。藤田社長は昨年『メディア事業は損益改善のフェーズに入ってきた』と語っており、その言葉が現実味を帯びてきた」(経済誌記者)